先週から今週にかけて、大阪府はじめ全国39府県では「緊急事態宣言」は解除されました。それよりも先に大阪府は、独自の指針を元に、飲食店の営業時間延長や休業解除等の「規制緩和」が行われ、徐々にではありますが、街中に人と賑わい、そして以前のような「日常」が戻りつつあります。

「禁球事態宣言」の解除はまだ先のようですが・・・。

ただ困った事に「賑わいが戻るイコール気の緩み」と直接的短絡的に考えるお偉いさんがいるのも事実です。ただ思うに、これだけ全国に広まり、個人個人の意識等が高まり、各種感染対策が定着・浸透している現状、ちょっとばかし神経質になり過ぎてるんじゃないかな、とも考えます。

それとは関係なくこの日は、南海高野線初芝駅前を起点に、目的地を決めず、自転車で「50km走ると一体どこまで行き着く事が出来るのか」を試してみました。前回の走行距離は、全行程で86.22km。どこが折り返し地点になるか、東西南北、ある程度予想はしましたがどうなる事やら。



DSC_0001_20200524004729541.jpg DSC_0002_20200524004838ad6.jpg
05:04。毎度お馴染みとなりました、南海高野線初芝駅前にある、池田泉州銀行初芝支店の前をスタートします。まだ一番電車すら発車していません。そう言えば、駅前に緑地帯を設置してある駅は増えましたが、昔ながらの「ロータリー」のある駅、てのもなかなか見なくなりました。

DSC_0003_2020052400480385d.jpg DSC_0004_202005240049148dc.jpg
DSC_0005_202005240048107a5.jpg DSC_0006_20200524004947003.jpg
ここからはまず、前回同様初芝駅前を通る、大阪府道35号堺富田林線を堺市内中心部に向かいます。そして、府道2号中央環状線に出て、終点(と言うか突き当たり)の「大浜北町交差点」へ。

DSC_0009_20200524004910aeb.jpg DSC_0012_20200524004856567.jpg
DSC_0014_20200524004931ee7.jpg DSC_0015_20200524004853f96.jpg
大浜北町交差点に到着です。北に向かうは国道26号線。南に向かうは大阪府道34号堺狭山線であり、今回走る「大阪府道204号堺阪南線」。途中石津北交差点までは、重複区間になっています。

DSC_0021_20200524004941c77.jpg DSC_0022_2020052400491124d.jpg
DSC_0025_2020052400491847a.jpg DSC_0027_20200524004948f76.jpg
ここから南へ走ります。府道204号堺阪南線は、堺市の大浜北町交差点と阪南市下出(しもいで)を結ぶ道路。石津北交差点までは「海岸通り」と呼ばれ、さらにかつては国道26号線だった事もあり、一般的(と言いますか堺市民)には「きゅうにぃろく」とも呼ばれる事も多々あります。

※ちなみに、途中中央環状線の安井町交差点から現在の国道26号線を南下も考えましたが、前回の国道43号線のように、難儀な歩道橋があると気持ちよく走れないので、今回は回避しました。

DSC_0023_20200524004853622.jpg DSC_0024_20200524004933c6e.jpg
早速ではありますが、初芝駅前スタートから10km地点。住所は堺市西区浜寺石津町。

DSC_0037_20200524005538f96.jpg DSC_0036_20200524005552a0a.jpg
DSC_0039_20200524005544a63.jpg DSC_0040_2020052400592032c.jpg
出発から20km地点は、泉大津市と岸和田市の市境になりました。途中、高石市と和泉市、和泉市と泉大津市の市境があったはずなんですが、面倒なのですっ飛ばしてしまいました。この付近にも、自転車用の走行帯があるので、比較的楽に走る事が出来した。

DSC_0042_20200524005533eec.jpg DSC_0043_20200524005534082.jpg
南海本線春木駅前にある「岸和田競輪場」。

0053 0056 0058 0060
DSC_0053_20200524010053ed9.jpg DSC_0056_20200524010133e0d.jpg
DSC_0058_20200524010235343.jpg DSC_0061_2020052401021351d.jpg
岸和田市から貝塚市に入りました。この付近からそろそろ、阪神高速道路湾岸線経由での「関西空港」への案内と、地元の港への案内をちょこちょこ見るようになります。

DSC_0063_2020052401015821c.jpg DSC_0064_2020052401024745d.jpg
DSC_0065_202005240101519c9.jpg DSC_0066_2020052401021292a.jpg
貝塚市からいよいよ泉佐野市に入ります。この付近「〇〇駅下り(さがり)」と言う名前の交差点をよく見ます。泉州地方独特の文化なのか、近くを通る紀州街道と何か関係があるんでしょうか。

DSC_0070_20200524010242477.jpg DSC_0068_20200524010243ea3.jpg
出発から30km地点。井原里駅近くを流れる「佐野川」の橋の上になります。

DSC_0071_20200524010246dd2.jpg DSC_0073_20200524010257e78.jpg
府道204号堺阪南線はこの付近、府道63号泉佐野岩出線と重複しています。

DSC_0076_202005240102574e0.jpg DSC_0075_202005240103050f5.jpg
いよいよ、と言いますかついに、JR・南海空港線の高架の下をくぐります。りんくうタウンや関西空港もすぐです(自転車で言ってみたいもんですが)。高石市内から延々続いていた自転車専用レーンもここで終了。この先は路側帯すらままならなくなり、かなり走りにくくなります。

DSC_0079_20200524010738245.jpg DSC_0080_202005240108224c8.jpg
DSC_0083_20200524010812bd5.jpg DSC_0088_20200524010902959.jpg
泉佐野市を出て、泉南郡田尻町に入りました。人口1万人にも満たない小さな町ですが、対岸の関西国際空港も、実は三等分された真ん中が田尻町にあたり、ほとんど取り上げられる事はないですが、関西空港駅の所在地も「大阪府泉南郡田尻町泉州空港中」となります。実は「世界的な街」。

DSC_0093_202005240108253a2.jpg DSC_0094_202005240109208e5.jpg
DSC_0095_20200524010929bfe.jpg DSC_0098_202005240110024bf.jpg
「田尻」交差点を過ぎてすぐ、泉南市に入ります。

DSC_0100_20200524010930c41.jpg DSC_0101_20200524010924efb.jpg
ここまで来ると片側二車線から一車線。「旧国道」の雰囲気はなくなり、田舎の県道っぽくなります。車道と歩道の段差もかなり大きく、また歩道の舗装状態もあまりよくありません。

DSC_0109_20200524010946fc0.jpg DSC_0110_20200524010934aa8.jpg
DSC_0113_2020052401100082c.jpg DSC_0114_20200524010952251.jpg
出発から40km地点は男里川(おのさとがわ)交差点。

DSC_0115_20200524010945bf9.jpg DSC_0117_20200524010941387.jpg
その男里川を渡るとすぐに「阪南市」に入ります。

DSC_0119_2020052401135748b.jpg DSC_0121_202005240115189aa.jpg
DSC_0122_20200524011427ce5.jpg DSC_0123_20200524011450e10.jpg
無事、大阪府道204号線を全区間走破。阪南市の「下出北」交差点に着きました。真っ直ぐ行くとそのまま和歌山県道・大阪府道752号和歌山阪南線。右に曲がると南海本線尾崎駅周辺の市街地へと続きます。ここは引き続き直進し、大阪府道752号和歌山阪南線へ入ります。

DSC_0129_20200524011533220.jpg DSC_0133_2020052401152202f.jpg
DSC_0134_2020052401154803b.jpg DSC_0137_20200524011505e27.jpg
DSC_0138_20200524011539609.jpg DSC_0140_202005240115582d8.jpg
新しい住宅地も目に止まりますが、この辺りから和歌山県境への「山越え」に入るのか、アップダウンが激しくなります。そう言えばかつて、南海本線を走っていた貨物列車は、箱作駅で編成の組み替えをしてから、県境の孝子峠を目指したとか。もう少し海岸沿いを走ればよかった、と反省。

DSC_0144_20200524011552bc5.jpg DSC_0148_20200524011545722.jpg
DSC_0153_20200524011551c11.jpg DSC_0154_20200524011542ec9.jpg
阪南市から「泉南郡岬町」に入りました。

DSC_0158_20200524012025958.jpg DSC_0161_20200524012037332.jpg
南海本線・多奈川線みさき公園駅。最寄りの「みさき公園」は、今年3月31日に閉園になりましたが、駅名はそのままになっています。

DSC_0165_20200524012138616.jpg DSC_0164_202005240121480ff.jpg
DSC_0163_20200524012214ceb.jpg DSC_0167_202005240121290e4.jpg
出発から3時間21分。ついに初芝駅前から50km地点に到達しました。場所は奇しくも(?)閉園してしまったみさき公園の駐車場への入り口を少し過ぎた所。ほぼ当初の目算通りになりました。

DSC_0171_20200524012140ab5.jpg DSC_0169_20200524012141067.jpg
DSC_0168_20200524012221d74.jpg DSC_0173_20200524012214052.jpg
しばし駐車場前ゲートで休憩。「ご来園ありがとうございました」の看板も一部は吹き飛んだまま。「南海電鉄か運営するみさき公園の営業は」と言う文言に、最後の最後まで新しい運営業者を模索していたけど、思いは届かなかった、と言う無念が感じられます。

DSC_0179_202005240122120a4.jpg DSC_0174_20200524012156d3e.jpg
DSC_0177_20200524012200879.jpg DSC_0181_20200524012223649.jpg
かつては賑わったであろう、みさき公園駅の西口。今ではメモリアルパークへのバスが発着するだけ。ただ、みさき公園の敷地と施設・建物の所有権は、遊園地エリアは手付かずのままで、南海電鉄から岬町に無償譲渡され、2021年度に「町営公園」として再オープンの予定だそうです。

DSC_0184_202005240127127ad.jpg DSC_0185_20200524012726550.jpg
DSC_0186_202005240128009f3.jpg DSC_0192_20200524012807e09.jpg
さて、延々50kmを自転車で走って来たので、当然50kmを自転車で走って帰らなければいけません。しかしながら同じ大阪府下とは言うものの、普段はまず来る事がない場所。なのでこれも毎度お馴染み「撮り鉄」をしながら戻る事にしました。この辺りは後日と言う事で、帰りの道中を。

DSC_0561_20200524013007b4a.jpg DSC_0559_20200524012927128.jpg
みさき公園駅から淡輪駅付近は、海岸沿いではありますが、旧い町並みとともに、起伏に富んだ新興住宅地もあります。ただ、府道752号線よりも走りやすかったので、最初から地図を見ながら海沿いを走ればよかった、などと思いました。ところどころでこうやって海も見えますしね。

DSC_0564_202005240129382db.jpg DSC_0608_20200524012903d12.jpg
DSC_0609_20200524012850688.jpg DSC_0610_202005240129250a0.jpg
DSC_0590_20200524013026b44.jpg DSC_0583_2020052401302990f.jpg
で、その住宅地の中に、このような構造物を見つけました。線路沿い石積みの階段と未舗装のスロープなんですが、これはかつて設置が予定いた「箱の浦駅」の残骸。予定したのはよいけれど、カーブがあまりにもきつくて建設を断念、と言う経緯があります。なるほど確かにこれでは危ないなぁ。

DSC_0830_20200524012946b55.jpg DSC_0832_202005240130123a3.jpg
出発から60km地点は、阪南市鳥取交差点の少し手前。サンデ〇ィ阪南鳥取店前。

で、ここまで「比較的」快調に走ってはいたんですが、途中とんでもないアクシデントに見舞われました。詳細は伏せますが、某田尻町内のショップ関係者の皆様、本当にありがとうございました。

DSC_0932_20200524013824287.jpg DSC_0931_202005240139160c7.jpg
出発から70km地点は、南海空港線の高架下になりました。

DSC_0936_20200524013948ac8.jpg DSC_0938_2020052401420291b.jpg
ほうほうのてい、てな感じになりましたが、何とか貝塚市内まで戻って来ました。とは言うものの、まだ道半ば。よくもまぁこんなバカげた事を思い付いたもんです。

DSC_0939_20200524014332b41.jpg DSC_0940_20200524014024922.jpg
この辺りでの「撮り鉄」は、二色浜駅近くの踏切二ヶ所を最後としました。天気予報は「終日晴」だったんですが、みさき公園を出た辺りから雲行きも怪しくなり、小雨すらパラつく始末。

DSC_1188_2020052401430793c.jpg DSC_1189_20200524014137b15.jpg
DSC_1190_202005240143329e2.jpg DSC_1191_20200524014143b49.jpg
16時を過ぎてようやく、岸和田市内まで戻って来ました。往路ではスルーした岸和田城を横目に見ながら、のんびりと先を急ぎます。さすがに観光地の多い街ゆえ、府道204号も走りやすいです。

DSC_1194_2020052401423999e.jpg DSC_1195_202005240142174a2.jpg
DSC_1199_20200524014310178.jpg DSC_1196_2020052401435092c.jpg
出発から復路80km地点は岸和田市内五軒屋町交差点。岸和田駅前通商店街の入り口です。

DSC_1200_20200524014137ab9.jpg DSC_1201_20200524014319345.jpg
岸和田競輪場まで帰って来ました。本場は来年春再開予定。工事は捗っているんでしょうか。

DSC_1202_202005240151127db.jpg DSC_1206_202005240143209cb.jpg
DSC_1207_20200524014309d7d.jpg DSC_1208_20200524014344b36.jpg
忠岡町まで帰って来ました。

DSC_1211_20200524015943063.jpg DSC_1212_2020052402004635c.jpg
忠岡町を15分で走り抜け、高石市内まで戻って来ました。ここまで来ればなんとかなる(?)。

DSC_1214_202005240202196f4.jpg DSC_1213_20200524020124d9b.jpg
復路90km地点は羽衣3丁目交差点。

DSC_1215_20200524020329ab6.jpg DSC_1217_20200524020259eca.jpg
DSC_1218_20200524020145908.jpg DSC_1219_20200524020408b11.jpg
高石市もあっと言う間に走り抜け、ようやく、本当にようやく堺市内まで戻って来ました。ここまで来たら脇目も振らずに、ひたすらスタート地点でもある初芝駅前を目指すだけ。あと10km少し。

DSC_1226_20200524020413919.jpg DSC_1222_20200524020417c6f.jpg
DSC_1223_2020052402040548f.jpg DSC_1225_20200524020914781.jpg
走り慣れた大阪府道35号堺富田林線に戻って来ました。そしてこれも走り慣れた中央環状線から向陵東町交差点をやや過ぎた辺りで、とうとう「ひゃっきろ」の大台に達してしまいました。



DSC_1229_20200524021011a67.jpg DSC_1232_2020052402110192c.jpg
DSC_1231_202005240210236ad.jpg DSC_1233_202005240210595f1.jpg
そして無事(でもないですが)、南海高野線初芝駅前池田泉州銀行初芝支店前に帰って来ました。走行距離は103.4km。停車時間を除いた総走行時間は5時間53分40秒。アクシデントもあり、また撮り鉄で寄り道をしまくりましたので、数字は正確ではないですが、よく走れました。

実際に走ってみて思ったんですが「片道50km」と言うのは長いように聞こえますが、意外に近くに感じました。もちろん(ほぼ)脇目も振らず走った結果ではありますが、出立時はむしろ涼しく、この手のスポーツをするにはよい気候の時期でもあり、気分がそうさせたんだとは思います。

5月から6月にかけては、一年で一番日の長い時期。もうこんな長距離はないとは思いますが、せっかく始めたんで、先の大阪ガス今津グラウンド、津門中央公園野球場、くらいの近距離(あれは近距離なのかどうなのか)でのサイクリングは続けようかと思っております。多分無理っぽいですが。

2020.05.23 / Top↑
さて、5月15日「後半」です。

西宮市内と言う所は、実測はどの程度かは解りませんが、阪神今津駅を中心に半径数キロの範囲内に「スタンドの付いた野球場」が密集しています。せっかく遠くまで来たんだから、行ける所は全部行っとけ、となった次第。普段は観に行って帰るだけ、ですからね。



DSC_0186_2020051702234597d.jpg DSC_0189_20200517022440aa7.jpg
DSC_0191_202005170224349cd.jpg DSC_0192_20200517022459b0e.jpg
DSC_0193_20200517022510115.jpg DSC_0194_20200517022506f59.jpg
第一目標だった関メディベースボール学院から西へ向かいます。すぐ近くに、阪神甲子園球場があります。プロ野球公式戦の開幕は未だ不透明。この周辺が賑わうのはいつになるんでしょうか。

DSC_0195_20200517022928507.jpg DSC_0196_202005170229192c5.jpg
DSC_0197_20200517023042b5a.jpg DSC_0198_202005170230591a5.jpg
阪神甲子園球場前の国道43号線をそのまま西へ進むと、やがて、名神高速道路の終点「西宮インター」に着きます。複雑そうに見えますが、自転車では至って走りやすいです。

DSC_0199_20200517023011670.jpg DSC_0200_2020051702310822e.jpg
DSC_0201_20200517023049519.jpg DSC_0203_2020051702310641f.jpg
やがて見慣れた交差点「今津」に到着。直進すると、関メディベースボール学院さんか練習で使用されている津門中央公園野球場、左折すると、大阪ガス今津グラウンドに行くことが出来ます。

DSC_0205_2020051702313342e.jpg DSC_0209_20200517023124d98.jpg
まずは津門中央公園野球場。関メディベースボール学院さんの「本拠地球場」ではありますが、オープン戦で使用される事はあまりなく、もっぱら練習専用となっています。

DSC_0210_20200517023422c2d.jpg DSC_0211_20200517023731cab.jpg
DSC_0218_20200517023641269.jpg DSC_0216_2020051702360979e.jpg
来た道を引き返して、お次は大阪ガス今津グラウンドに来ました。結局今年は、近くにある二葉公園にある桜は愛でる事が出来ずじまい。そしてここで、走行距離が40kmに到達しました。

DSC_0220_20200517023644ea9.jpg DSC_0222_20200517023639fd5.jpg
DSC_0223_20200517023749a7b.jpg DSC_0225_202005170237251f4.jpg
落ち着ける所でもないので長居は無用。先を急ぎます。今津グラウンド入り口の北にある交差点を右折「臨港線」を東進します。この辺りはろくすっぽ地図も見ずあてずっぽ。それでも「何となく見覚えのある景色」にたどり着きました。しかしここでまたしても「スロープの洗礼」がっ。

DSC_0226_2020051702375572e.jpg DSC_0228_20200517023739d16.jpg
左手に武庫川女子大学総合グラウンドを見ながら走ったその先にあるのは、阪神鳴尾浜球場。もちろん選手は練習されてるとは思いますが、如何せん閉鎖中なので、中の様子は伺い知れません。

DSC_0231_20200517023638214.jpg DSC_0232_202005170237539e9.jpg
DSC_0233_20200517023724710.jpg DSC_0234_20200517023807b0b.jpg
阪神鳴尾浜球場の「お向かい」にあるのが、鳴尾浜臨海公園野球場。ここでしばし休憩。

DSC_0237_202005170242452ef.jpg DSC_0238_2020051702433709a.jpg
DSC_0239_202005170243147c2.jpg DSC_0240_20200517024325d87.jpg
鳴尾浜臨海公園から阪神電車武庫川団地前駅へ。普段は機材を背負って歩く所を4分程であっさり走破。「来るルート」を思い切りミスしたので何とも言えませんが、自転車で来るのもありかな。

DSC_0242_20200517024450f32.jpg DSC_0243_2020051702450314a.jpg
で、ここからは武庫川の土手上を走って、国道2号線から大阪市内を回って帰ろうか、と考えていたんですが、ふと思い出したのが「阪神武庫川線7861系電車引退」の件。

DSC_0245_202005170246213e5.jpg DSC_0246_20200517024706f42.jpg
既に専用の5500系電車も御披露目になり、6両だけ残された「赤胴車」は5月いっばいで引退。これまで散々乗りはしたけど、外からは撮った事がないってんで、大慌てで「入江南踏切」へ。

DSC_0249_20200517024704241.jpg DSC_0255_20200517024722088.jpg
DSC_0256_20200517024731e92.jpg DSC_0259_20200517024744955.jpg
もう「上が切れた」だの「先頭が切れた」だのはどうでもいいんです。長らく阪神電車を彩ってきた「赤胴車」。よくよく考えたら残すところ2週間と少し。よくもまぁ西宮市内まで来たもんです。

DSC_0263_20200517025020fd0.jpg DSC_0267_20200517025155c29.jpg
DSC_0270_20200517025039a0d.jpg DSC_0280_20200517025202049.jpg
次は、東鳴尾~洲先間にある踏切より。速度も遅いのでゆっくり撮る事が出来ます。

DSC_0282_20200517025221c56.jpg DSC_0286_2020051702515481b.jpg
DSC_0293_20200517025155727.jpg DSC_0296_20200517025207725.jpg
そして次は東鳴尾駅北側の踏切から。日中は20分に1本あるので、失敗さえしなければ、自転車で移動しながら撮影するには最適のペース。少し移動して少し待って撮って、の繰り返し。

DSC_0346_202005170254293b8.jpg DSC_0351_20200517025518678.jpg
DSC_0365_202005170255124b8.jpg DSC_0367_202005170255078ac.jpg
最後の「駅間撮影」は、武庫川~東鳴尾間にある線路越えの道路の上から。道路の幅も狭く交通量が少ないので、迎え撃ちと後追いがいっぺんにこなせますが、武庫川駅側の両サイドが「墓地」になっているのでご注意を。この日は平日の薄曇りだったにもかかわらずギャラリー多数でした。

DSC_0335_202005170257001c2.jpg DSC_0338_2020051702572566b.jpg
DSC_0342_202005170257399c6.jpg DSC_0323_202005170257054e1.jpg
最後は武庫川駅にて。6両のうち2両は終日往復、2両は昼間は武庫川駅待機、残る2両は尼崎車庫でお休み、ですが、許されるなら最後は、武庫川線用に設定されたリミッターを解除して、6両編成で特急ヘッドマークを掲げて、本線を思い切り走らせたい、と言うのは無理なお願いでしょうか。

DSC_0360_20200517025849334.jpg DSC_0361_2020051702590066f.jpg
もう一度、武庫川駅横を渡ります。

DSC_0158_202005170227169b2.jpg DSC_0160_202005170157215f6.jpg
さらにさらに、これも完全についでなんですが、武庫川駅のすぐ側にある踏切でも撮ってみる事に。思えばこの付近、高架化が進んでいる阪神電車の中でも、数少なくなってきた地上区間。

DSC_0377_202005170301485b6.jpg DSC_0381_20200517030423906.jpg
DSC_0385_20200517030259734.jpg DSC_0391_20200517030415531.jpg
DSC_0394_2020051703032155f.jpg DSC_0404_202005170305444ff.jpg
「待たずに乗れる阪神電車」ゆえ休んでいる間はありません。阪神電車、山陽電車の直通特急、近鉄電車の快速急行。一日いても飽きる事はないと思われます。この日、阪神電鉄の株主総会にて、車両の塗装についての話があったそうですが「赤胴車・青胴車」のままではだめだったんでしょうか。

DSC_0407_202005170304199cc.jpg DSC_0409_20200517030515ebd.jpg
DSC_0412_20200517030354394.jpg DSC_0413_20200517030525df4.jpg
天気がやや怪しくなってきたので、とっとと国道2号線まで北上、大阪市内から堺市内へ。

DSC_0417_202005170313221ea.jpg DSC_0420_2020051703055866b.jpg
西宮市内以西は存じませんが、少なくとも国道2号線、大阪市内に向けては歩道や自転車レーンも広く、また交差点越えの歩道橋も複雑怪奇でもないので、とても快適に走る事が出来ました。

DSC_0421_202005170305064ab.jpg DSC_0423_20200517030513457.jpg
現代は車社会ですし、国道も車主体で工事が行われるのは致し方ないとは思います。近年はバリアフリーの名の下に、エレベーター付の歩道橋や地下道がに出来ていますが、自転車で素直に走れる道、と言うのも考慮されていい、とも。陸橋の先がスロープではなく階段だった時のショックたるや。

DSC_0425_20200517030456685.jpg DSC_0427_20200517030548252.jpg
福島区玉川周辺まで戻ってきました。エレベーターや歩道橋云々以前に、急勾配もなく快適に走る事が出来ました。往路は思い付きで国道43号線を無理矢理走りましたがもう勘弁して下さい。

DSC_0435_20200517031628ff2.jpg DSC_0437_20200517031716542.jpg
DSC_0438_20200517031905a89.jpg DSC_0439_202005170317503b9.jpg
がっつり走り込んだがゆえか、京セラドーム大阪が見えると少しほっとしました。

DSC_0441_20200517031804e7d.jpg DSC_0443_20200517031914c8a.jpg
DSC_0445_2020051703180177e.jpg DSC_0446_2020051703203462f.jpg
大正橋から汐見橋交差点、芦原橋駅前を経由して、とここまでは往路のほぼ逆。そして堺筋から新今宮駅前を通って、堺筋の起点でもある「天下茶屋ロータリー」交差点へ。

DSC_0451_20200517032016780.jpg DSC_0452_20200517032100a4b.jpg
ここからしばらくは、幹線道路を走るのをやめ、少し西にある「天三商店街」を走るために少し西へ。途中、今船電停で阪堺電車をパチリ。

DSC_0454_20200517032001f2d.jpg DSC_0455_2020051703194350a.jpg
ごくたまに幹線道路を回避する事をしますが、交差点に引っ掛かるのがあまり好きではない事、歩道車道の区別なく走れると言うメリットもあると思います。幹線道路の歩道って、舗装がつぎはぎだらけだったり、タイル張りながら以外に凹凸が激しかったりしますからね。

DSC_0461_202005170320384cd.jpg DSC_0464_20200517032044e59.jpg
DSC_0467_202005170320573e0.jpg DSC_0470_20200517032002331.jpg
天三商店街を真っ直ぐ南に走ると、東玉出電停から続く、阪堺線の併用軌道区間に入ります。

DSC_0479_20200517032451918.jpg DSC_0478_20200517032536ad9.jpg
そのまま南進してしまうと、大和川を越えて帰るのに、遠里小野橋から堺東駅前になってしまう。どうせこれだけ走ってるんなら、極力往路とは違う道を走りたい、と言う事で大和川手前から東進。JR阪和線杉本町駅南の「杉本町南一踏切」を横断。今や貴重になった、操作係常駐の踏切です。

DSC_0481_202005170325302d6.jpg DSC_0482_20200517032547fa5.jpg
杉本町駅東側には、大阪市立大学があります。一応一般道路なんですが、雰囲気はキャンパス内。

DSC_0485_20200517032700887.jpg DSC_0487_20200517032712f6a.jpg
あびこ筋から「吾彦大橋」を渡って15:00、ようやく堺市内へ戻って来る事が出来ました。そして吾彦大橋を渡り終えた所で、走行距離が80km(実は寄り道迷い道多数有)に到達しました。

DSC_0488_20200517032847168.jpg DSC_0489_20200517032936dcc.jpg
DSC_0490_202005170329534f1.jpg DSC_0491_2020051703300664a.jpg
大泉緑地から引野交差点を通って15:32、無事、南海高野線初芝駅前に帰ってきました。

DSC_0493_202005170330107d9.jpg DSC_0492_2020051703300377f.jpg
何を以て無事と称するのかは分かりませんし、この行程が無事なのかどうなのか意見の分かれる所ではありますが、走行時間は5時間9分38秒、走行距離は86.22kmとなりました。



しかしとにかくよく走りました。途中歩道橋で、泣きながら自転車も押しました(嘘です)。先にも記しましたが、西に向かうのには、もう二度と国道43号線は使用しません。こりごりです。

と言う話は置いといて。とにかくよく走りましたしよく走れました。多少の寄り道だの迷い道(情けないので省略)もありましたが、よく86kmも走れたな、と。平均時速は約16kmと出てましたが、走行距離計を装着して走るようになって「あぁ、これくらいのスピードでもこれだけの速度が出てるんだ」と気付いた次第。よい買い物が出来た、と思っております。

この先いつまで「これ」をやり続けるかは分かりませんが、いずれは「100km越え」は達成してみたいと考えております。我が家から片道50kmと考えると、南は南海本線孝子駅、西は三ノ宮駅あたり。北になると島本町周辺になるようです。勾配云々は考慮には全く入れてませんが。

そろそろ暑くなってきます。無理のない範囲で、行ける所までは行ってみたいと思っております。

2020.05.17 / Top↑