カープは「セントラルリーグ優勝」と言う結果を残し、今冬はかなり野球とは距離を置いてます。

その分、あまり大っぴらにはしてませんが、青春18きっぷを利用して、あちらこちらに出掛けたりしてます。もっとも、野球オフだろうが、ただじっとしとれんだけなんかも知れませんが。

で、ここ数年気になってる事がひとつ。

特急列車から「顔」がなくなった

DSC_0220_201612270639089ba.jpg
特にJR西日本管内の特急列車から、ことごとく「ヘッドマーク」が消えてます。今残っているのは、伯備線の特急「やくも」のみ。そして、ヘッドマークのすぐ上には「T」の文字を意匠化したエンブレム。

_MG_4092.jpg
つい最近までは、国鉄型車両を使用した特急「くろしお」や「こうのとり」「きのさき」やらにも残ってましたが、新型車両への置き換えで残念ながら見られなくなってしまいました。

DSC_0045_20161227063801618.jpg
先月、とある案件で東京まで出掛けました。途中の熱海駅で見た特急「踊り子」は、アイボリーホワイトにグリーンのストライプの復活塗装の185系電車。妙にほっとしたものです。

_MG_0461.jpg
旧国鉄がJRに移行後、各社こぞって個性的なオリジナル車両を特急列車に投入して来ましたが、どの列車にも「顔」であるはずのヘッドマークがない。JR四国でも、徐々になくなりつつある。

_MG_0226.jpg
車両で列車が判別出来るくらいに、そして列車毎と思えるくらいに車両形式が増えましたが、どの列車にもヘッドマーク、と言うか「看板」がないせいか、自己主張が感じられないんですよね。せいぜい、判別基準といえば、車両のサイドに引かれているラインくらいのもの。昨年からようやく「サンダーバード」に使用されている681・683系電車にリニューアル工事がなされるようになりましたが。

_MG_1176.jpg
旧国鉄時代は、それこそどこに行っても全国共通、似たような車両ばかりで、ヘッドマークが重要視されていたように思いますが、JR化移行はそれが失われているように思いますが如何でしょう。

_MG_0520.jpg
つい最近まで臨時運行されていた「トワイライトエクスプレス」にも、目指す終着駅関係なく、立派なヘッドマークが、機関車の先頭を飾っていました。それだけで「旅情」を感じたもんです。

DSC_1334_20161227070632334.jpg
乗車したことはないですが、被写体としてはやはり「特別な存在」だったように思います。現に、ヘッドマーク付きの機関車が走る、と言うだけで話題になるご時世ですからね。


JR九州で走っているクルーズトレイン「ななつ星 in 九州」、来年から走り出すJR東日本の「TRAIN SUITE 四季島」、JR西日本の「トワイライトエクスプレス瑞風」にもヘッドマークがありません。

車内設備やサービス、そして外観など、見るものはあるとは思います。そして、それなりに「存在感」はあるとは思いますが、どこか腑抜けたように感じるのは、「国鉄」を知っているおっさんのお戯れだけではない、ように思いますがいかがでしょう。


何でや!カープどころか野球も関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければこれ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.12.27 / Top↑
どこの「旅客鉄道会社」にも子会社というのものは存在致します。

今回紹介する、高松駅構内のうどん屋さん「連絡船うどん」も、JR四国の子会社「めりけんや」が経営しています。店舗としては、ここ高松駅の他に、大阪駅、岡山駅(さんすて内)や、遠く上野、秋葉原、田端にもある(「親父の製麺所」と言う名前)そうですが、やはり「駅」にあるのであれば、そこで食べないと、と言う事で、丸亀市民球場でのタイガース対カープ戦観戦前に、ちょっと寄り道しました。

DSC_0019_20160803012425da3.jpg DSC_0036_201608030125123ae.jpg
現在の駅舎は、2001年竣工の4代目。駅周辺は既に、四国の玄関口として、宇高連絡船があった頃の面影はありません。駅舎内もガラス張りで明るい雰囲気です。で、この高松駅の何がすごいって、駅周辺道路から駅前広場、改札を入ってホームに至るまで、一切段差がないこと。

DSC_0021_2016080301243560e.jpg DSC_0029_201608030125167d7.jpg
改札内。行き止まり式のホームがずらりと並び、「起点駅」の雰囲気をよく残しています。改札内には、これまたJR四国の子会社のパン屋さん「ウィリーウィンキー」があります。小さな駅では、駅業務とパン屋さんが併設されていた頃(伊予市駅など」もありました。

DSC_0017_20160803012719640.jpg DSC_0038_20160803012716927.jpg
DSC_0040_20160803012728213.jpg DSC_0042_20160803012717b4b.jpg
とにかくJR四国ってのは、九州同様、個性的な車両が多々ありまして。岡山駅とを結ぶ「マリンライナー」の先頭車も実はJR四国の車両。国鉄時代に投入された121系電車の主制御器、主電動機を変更した7200系(上段右画像、右側の車両)があったり、JR東日本から購入した113系電車があったり。また対照的に特急用車両はどんどん「新型車両」を投入したりと、話題に事欠きません。どこへ行っても同じような顔の車両になりつつあるJR西日本圏内の人間としては羨ましい限りです。

DSC_0024_2016080301475944c.jpg
そんな高松駅のホーム端「マリンライナー号」の発着する8・9番線ホームのたもとに店があります。看板とともに、かつて宇高連絡船活躍した、土佐丸・阿波丸‎・讃岐丸・伊予丸の写真が載せられています。ご覧のように(たぶん多客期だけだと思いますが)、店先に「別テーブル」も用意されています。

DSC_0030_20160803015707505.jpg
店舗は、駅舎の脇になりますが、改札外からも買い求めることが出来ます。ただし改札外からの場合は、その前に置かれているてブル席のみとなります。

DSC_0026_2016080302155289d.jpg
未だに交通系ICカードの使えない自動券売機。お土産用の讃岐うどんもこれで買えます。改札外のお客さん用の券売機は店舗の中にあります。当然ですが「そば」と言う選択肢はありません。

DSC_0028_20160803021553313.jpg
やっぱり暑いと「ぶっかけ」系に走ってしまいます。迷わず選んだ「冷やし肉ぶっかけ(520円)」。店内で麺を打っているわけではなく、麺の製造所は宇多津にあるとのこと。

営業時間/07:00~21:00

ごちそうさまでした!


何でや!カープどころか野球も関係ないやろ!と思われるかも知れませんが、クリック頂ければこれ幸いです。
にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログへ
にほんブログ村
2016.08.03 / Top↑