ようこそ、とエラソーに言ってますが、これを書いてる人は、姫路市とは縁もゆかりもありません。

姫路でのオープン戦と言えば新日鐵住金広畑球場、ではありますが、その広畑球場に、2月のMSH医療専門学校に続いて(?)今度は遠路遥々東広島市から、伯和ビクトリーズがやって来ました。

伯和ビクトリーズの試合を観戦するのは2週連続。これで遡る事3月25日土曜日の、松本旗三浦旗大会から、毎週のように何らかの形で広島県下の社会人野球部の試合を観戦している事に。

都市対抗野球地区中国地区二次予直前と言う、これまたビミョーな時期ではありますが、月曜日でもありますし、せっかく遠くから来て下さるんだから、てんでノコノコ出掛けてまいりました。

DSC_0003_2017052304352431d.jpg DSC_0006_201705230435081ed.jpg
おはようございます新日鐵住金広畑球場。昭和のかほりプンプン漂う相変わらずのたたずまい。

DSC_0002_20170523045410ddc.jpg DSC_0005_20170523045415257.jpg
で、今回驚いたのは、球場入口(と言うか階段下)で、メンバー表と、月間予定表を配布していた事。枚数こそ少ないですが場内アナウンスもなく、スコアボードはランニングスコアのみ、の状況下、これは非常にありがたかったです。ただし、ビジターチームのメンバー表はありません。もっとも、勝手知ったるチームなので、要らんと言えばいらんのですけどね。

DSC_0007_201705222359563d1.jpg
で、ようこそお越しくださいました伯和ビクトリーズ。

DSC_0193_20170523000330bc4.jpg DSC_0198_201705230003288b4.jpg
DSC_0225_20170523000317606.jpg DSC_0233_201705230003280f9.jpg
都市対抗野球地区広島県予選は、薄氷を踏むような戦いで県第五代表の座を獲得。6月1日から「本拠地」でもある東広島アクアスタジアムで行われる、中国地区二次予選を戦う事になりました。

DSC_0239_201705230006120dc.jpg DSC_0265_2017052300062334c.jpg
DSC_0300_20170523000625a6d.jpg DSC_0316_2017052300062622f.jpg
「逆襲の紫」をスローガンにしている今シーズン、後藤大輝新キャプテンのもと、例年になく熱い戦いを繰り広げています。この時期のオープン戦は「ちょっとひと息」ではありますが、予選に向けてのテンションは維持しておかねばならんだろうし、気の休まる暇はないかと思われます。

DSC_0372_20170523000005adf.jpg
かたや、迎え撃つ新日鐵住金広畑イーグレッツ。

DSC_0107_20170523001031ec5.jpg DSC_0116_2017052300104076b.jpg
DSC_0161_2017052300104587d.jpg DSC_0170_20170523001046c9a.jpg
18日から始まった近畿地区二次予選の一回戦は、NSBベースボールクラブを、終盤7回裏の猛攻で何とか振り切り、次の試合は25日の舞洲ベースボールスタジアムでの対日本生命戦となります。

二次予選の試合から、中3日でのオープン戦となりますが、この試合はどちらから申し出があったにせよ、当初から予定されていた試合。次戦に向けてコンディションを整える時期かも知れませんが、それ以上に、もしかしたら、試合に向けてのテンション維持の方が大切なのかも知れません。



スターティングオーダー
先攻:伯和ビクトリーズ
1(右)後藤大輝 (市立船橋高校~日本体育大学~関メディベースボール学院)
2(二)池田侑矢 (広陵高校~大阪商業大学)
3(左)伊藤  淳 (四日市南高校~大阪体育大学~デュプロ)
4(一)小原礼史 (福岡工業大学城東高校~大阪体育大学)
5(指)石井大和 (拓大紅陵高校~東京情報大学)
6(遊)慶田盛要 (八重山高校~東京情報大学)
7(捕)濱田浩幸 (広島城北高校~近畿大学工学部)
8(三)今井翔大 (文徳高校~東京国際大学)
9(中)上田颯人 (柳ヶ浦高校~奈良産業大学)
投:椙山聡哉 (廿日市西高校~広島修道大学)

●バッテリーはいつも通りながら、内山選手や横山選手は「お休み」。試合出場へのアピール、ではないでしょうけど、普段出場機会の少ない今井選手や池田選手がスターティングオーダーに。

後攻:新日鐵住金広畑イーグレッツ
1(二)飯田 遼 (龍谷大平安高~奈良学園大)
2(三)市原脩平 (関西高校)
3(中)大場勇希 (宇部鴻城高~成美大学)
4(右)佐々木建介(京都外大西高校~京都学園大学)
5(左)上田哲平 (福井工業大学付属福井高校~関西国際大学)
6(一)高橋修平 (福島高校~日本文理大学)
7(指)絹川大紀 (如水館高校~近畿大学)
8(遊)木戸地一希(近大付属新宮高~大阪体育大)
9(捕)福井圭祐 (京都共栄学園高校~姫路独協大学)
投:尾嶋佳太 (飾磨高校~京都産業大学)

〇こちらは、若干並びが違うものの、先のJABA京都大会とほぼ同じスターティングオーダー。

打撃成績
1回表
DSC_0419_201705222035262d5.jpg DSC_0420_201705222035270bd.jpg DSC_0422_20170522203528e48.jpg
後藤     2-2から5球目を空振り三振
DSC_0426_2017052220365853c.jpg DSC_0427_20170522203709c43.jpg DSC_0428_20170522203712144.jpg
池田     初球を打ってライトファウルフライ
DSC_0450_2017052220385040f.jpg DSC_0451_201705222038469b8.jpg DSC_0456_201705222038551e3.jpg
伊藤淳    1-1から3球目を打ってサードゴロ

1回裏
飯田     0-1から2球目を打ってサード内野安打
市原     1-0から2球目を打ってピッチャーゴロダブルプレイ
DSC_0486_20170522204014064.jpg DSC_0487_20170522204018767.jpg DSC_0488_201705222040184d8.jpg
大場     初球を打ってセカンドゴロ

2回表
DSC_0517_20170522204250f4f.jpg DSC_0518_20170522204237506.jpg DSC_0519_20170522204252b94.jpg
小原     1-2から5球目を打ってピッチャーゴロ
DSC_0541_20170522204415121.jpg DSC_0542_20170522204409856.jpg DSC_0545_20170522204417113.jpg
石井     2-1から4球目を打ってレフトフライ
DSC_0578_201705222045218c4.jpg DSC_0580_20170522204520858.jpg DSC_0584_20170522204522abc.jpg
慶田盛    2-2から5球目を見逃し三振

2回裏
DSC_0610_20170522204724d81.jpg DSC_0611_20170522204724705.jpg DSC_0613_20170522204715e2c.jpg
佐々木    1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
上田     1-2から5球目を打ってサードゴロ
DSC_0655_201705222048443a8.jpg DSC_0657_20170522204851df5.jpg DSC_0658_20170522204847816.jpg
髙橋     1-0から2球目を打ってライトファウルフライ

3回表
DSC_0675_20170522205044a9c.jpg DSC_0676_201705222050563ef.jpg DSC_0677_201705222050564af.jpg
濱田     2-2から6球目を打ってレフト前ヒット
DSC_0700_20170522205230e36.jpg DSC_0701_201705222052422d4.jpg DSC_0703_20170522205242f21.jpg
今井     1-0から2球目をピッチャー前送りバント
DSC_0748_20170522205410a72.jpg DSC_0749_20170522205410f64.jpg DSC_0750_20170522205412e6d.jpg
上田     1-2から4球目を打ってライト前ヒット
DSC_0777_20170522205631aae.jpg DSC_0778_20170522205642ff5.jpg DSC_0779_20170522205644210.jpg
後藤     0-1から2球目を打ってレフトへ犠牲フライ
DSC_0781_20170522205838ea7.jpg DSC_0783_201705222058485e3.jpg DSC_0790_20170522205847c80.jpg
イーグレッツ0-1ビクトリーズ
DSC_0823_20170522205946792.jpg DSC_0824_20170522205953426.jpg DSC_0825_20170522205955d95.jpg
池田     2-1から4球目を打ってショートゴロ

●先頭バッターが、形はどうあれ塁に出て、送りバントと犠牲フライ、1安打で1点。そつのない攻撃とはまさにこの事。特に大会に突入すると、1点を争う試合になるのは必須なので、オープン戦と言えども、点は取れる時に取る、のが一番よろしいかと思われます。オープン戦とは言うものの、再来週には都市対抗野球中国地区予選が控えてますからね。

3回裏
DSC_0855_201705222105287d3.jpg DSC_0856_201705222105334a1.jpg DSC_0857_20170522210535dbe.jpg
絹川     2-2から5球目を空振り三振
DSC_0864_2017052221064043a.jpg DSC_0865_20170522210646a7c.jpg DSC_0866_20170522210651eeb.jpg
木戸地    1-0から2球目を打ってサードゴロ
福井     1-0から2球目を打ってセカンド強襲内野安打
飯田     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_0964_20170522210910fb2.jpg DSC_0965_2017052221091252a.jpg DSC_0967_2017052221091362f.jpg
市原     3-1から5球目を打って右中間突破2点タイムリースリーベースヒット
DSC_0968_20170522211016011.jpg DSC_0969_20170522211016404.jpg DSC_0970_20170522211014953.jpg
イーグレッツ2-1ビクトリーズ
DSC_1001_201705222111511d5.jpg DSC_1002_201705222112023aa.jpg DSC_1003_20170522211204046.jpg
大場     1-2から5球目を打ってライト前タイムリーヒット
イーグレッツ3-1ビクトリーズ
DSC_1045_20170522212619dc7.jpg DSC_1047_20170522212622b5f.jpg DSC_1050_201705222126122ea.jpg
次打者佐々木の3球目前にファーストランナー佐々木牽制タッチアウト

〇伯和ビクトリーズ先発・椙山投手、比較的早いカウントで打たれてます。通常ならストライク先行でビッシビシ投げてくるピッチャーなんですが、この試合の球審の方が、膝付近のストレートがストライクにならない。これが厳しかった。尤も、打たれたボールも酷いコントロールでもなかったし。

4回表
新日鉄住金広畑イーグレッツ選手交代

DSC_1061_20170522212816da6.jpg DSC_1062_20170522212834e64.jpg
DSC_1063_201705222128351ee.jpg DSC_1066_20170522212833427.jpg
ピッチャー尾嶋に代えて森達也 キャッチャー福井に代えて田中祐児

伊藤淳    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_1114_201705222159546af.jpg DSC_1115_201705222200071bd.jpg DSC_1118_20170522220005ed5.jpg
小原     1-2から6球目を打ってレフト前ヒット ファーストランナー伊藤淳はサードへ
DSC_1167_20170522220128853.jpg DSC_1168_201705222201328cf.jpg DSC_1171_201705222201351c3.jpg
石井     3-1から5球目を打ってセカンドゴロ サードランナーホームイン
イーグレッツ3-2ビクトリーズ
DSC_1180_201705222202452c2.jpg DSC_1181_20170522220240792.jpg DSC_1182_201705222202454b8.jpg
慶田盛    0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
濱田     2-1から4球目を打ってレフト前タイムリーヒット
イーグレッツ3-3ビクトリーズ
DSC_1245_201705222204424e0.jpg DSC_1246_20170522220436576.jpg DSC_1247_20170522220440240.jpg
今井     1-1から3球目を打ってファーストファウルフライ
次打者上田の4球目にセカンドランナー慶田盛サード盗塁成功
DSC_1294_20170522220621b41.jpg DSC_1295_20170522220629365.jpg DSC_1301_20170522220631816.jpg
さらに5球目にダブルスチール成功 サードランナー慶田盛ホームイン
イーグレッツ3-4ビクトリーズ
上田     フルカウントから6球目を打ってセカンドゴロ

昨年の松本旗三倉旗大会では、それこそ縦横無尽にダイヤモンドを駆け巡った伯和ビクトリーズ。それが鳴りを潜めていたようにも思えますが、まるでいきなり目覚めたかの如くの「2球連続スチール」。これはかなり思い切った策。脚にスランプはないとは申しますが「ブランク」はあったなぁ。

4回裏
佐々木    初球を打ってセカンドゴロ
上田     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
高橋     初球を打ってセカンドゴロダブルプレイ

5回表
新日鐵住金広畑イーグレッツ選手交代

DSC_1308_201705222207559db.jpg DSC_1310_201705222207450e4.jpg
DSC_1312_20170522220759592.jpg DSC_1314_20170522220756813.jpg
ピッチャー森に代えて岡上浩幸(幡多農業高校~四国学院大学)

後藤     1-0から2球目を打ってファーストゴロ
DSC_1360_2017052222091293c.jpg DSC_1361_20170522220913454.jpg DSC_1362_20170522220911d64.jpg
池田     2-2から6球目を打ってセカンドゴロ
伊藤淳    2-2から5球目を見逃し三振

5回裏
絹川     2-2から5球目を打ってライトフライ
DSC_2194_2017052221304656f.jpg DSC_2195_20170522213058374.jpg DSC_2196_201705222131001c5.jpg
木戸地    1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
DSC_1496.jpg DSC_1497_201705222212591e4.jpg DSC_1499_20170522221250bd1.jpg
田中     2-2から5球目を打ってレフトフライ

6回表
小原     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_1606_2017052222154534b.jpg DSC_1607_201705222215448c5.jpg DSC_1610_20170522221544b4a.jpg
石井     フルカウントから6球目を打ってセンターフライ
次打者慶田盛の初球にワイルドピッチでファーストランナー小原はセカンドへ
DSC_1641_20170522221715cc4.jpg DSC_1644_20170522221728e79.jpg DSC_1642_2017052222172841f.jpg
慶田盛    1-1から3球目を打ってライトフライ
DSC_1648_201705222218539d1.jpg DSC_1650_201705222218516cf.jpg DSC_1651_20170522221858ce6.jpg
セカンドランナー小原はタッチアップでサードへ
DSC_1656_201705222220027a1.jpg DSC_1657_20170522222009bad.jpg DSC_1662_20170522222007f6e.jpg
濱田     初球デッドボール
DSC_1676_2017052222213235d.jpg DSC_1677_20170522222132e00.jpg DSC_1678_20170522222131273.jpg
今井     1-1から3球目を打ってセカンドゴロ

6回裏
伯和ビクトリーズ選手交代

DSC_1684_20170522222339db9.jpg DSC_1686_20170522222347bba.jpg
DSC_1688_201705222223506f0.jpg DSC_1689_201705222223534d5.jpg
ピッチャー椙山に代えて平川太一(尾道高校)
ショート慶田盛とサード今井を入れ替え

DSC_1719_201705222229041a5.jpg DSC_1720_20170522222906cd2.jpg DSC_1721_20170522222901373.jpg
飯田     2-1から4球目を打ってセンター前ヒット
DSC_1728_20170522223021d3e.jpg DSC_1730_20170522223025613.jpg DSC_1731_20170522223027003.jpg
市原の代打大野弘仁(柳ヶ浦高校~愛知学院大学) 初球をピッチャー前送りバント
DSC_1749_20170522223300bb2.jpg DSC_1750_2017052222331165b.jpg DSC_1751_2017052222330224e.jpg
大場     0-1から2球目を打ってショートゴロ
DSC_1780_201705222233091b8.jpg DSC_1781_20170522223313996.jpg DSC_1782_20170522223311013.jpg
佐々木    1-1から3球目を打ってセカンドゴロ

7回表
新日鐵住金広畑イーグレッツ選手交代

代打大野がそのまま入りサード
DSC_1799_201705222235541c1.jpg DSC_1800_20170522223556312.jpg
DSC_1801_20170522223602328.jpg DSC_1802_2017052222360040c.jpg
ピッチャー岡上に代えて森本汰一(秀岳館高校~九州共立大学)
DSC_1813_201705222238118f1.jpg DSC_2243_20170522223817aaa.jpg
キャッチャー田中に代えて島内謙志(佐賀学園高校)

DSC_1832_20170522223953f43.jpg DSC_1833_2017052222400273a.jpg DSC_1835_201705222240032d7.jpg
上田     2-2から5球目を打ってショートフライ
DSC_1910_2017052222412666e.jpg DSC_1911_20170522224140e17.jpg DSC_1912_20170522224140a77.jpg
後藤     フルカウントから8球目を打ってライトフライ
DSC_1931_20170522224254e9f.jpg DSC_1932_20170522224257de5.jpg DSC_1933_2017052222425958e.jpg
池田     0-2から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_2034_20170522224547bd0.jpg DSC_2035_2017052222455635b.jpg DSC_2041_20170522224556e44.jpg
伊藤淳    フルカウントから9球目を空振り三振

7回裏
上田の代打庄子哲徳(奈良大学附属高校~大阪体育大学) 2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
高橋の代打池本俊輔(松山商業高校~広島経済大学9 初球をピッチャー前送りバントが内野安打

伯和ビクトリーズ選手交代
DSC_2092_201705222304498e3.jpg DSC_2094_2017052223043273e.jpg
DSC_2096_2017052223044986f.jpg DSC_2098_2017052223045029a.jpg
ピッチャー平川に代えて佐原圭亮(広陵高校~吉備国際大学)

DSC_2133_20170522230600eff.jpg DSC_2135_201705222306018c5.jpg DSC_2136_20170522230607dc9.jpg
絹川の代打椎名潤(橘学苑高校~富士大学) 2-2から6球目を見逃し三振
DSC_2194_201705222307312a1.jpg DSC_2195_201705222307298e7.jpg DSC_2196_2017052223073798f.jpg
木戸地    1-2から5球目を打ってファーストゴロダブルプレイ

●「あかん」と思った所なのか、元々そう言う場面での登板を想定していたのか、ただの順番通りなのか、ランナーが2人たまった所で佐原投手に継投。そして期待通りのダブルプレイ。プロ野球チームの投手リレーでも、ここまでキレイにハマる事もなかなかないかと思われます。

8回表
新日鐵住金広畑イーグレッツ選手交代

代打庄子がそのまま入りレフト 代打池本がそのまま入りファースト

DSC_2202_20170522213405d13.jpg DSC_2203_201705222134136c6.jpg DSC_2205_2017052221341614e.jpg
小原     2-0から3球目を打って左中間突破ツーベースヒット
石井     1-0から2球目を打ってライトフライ
DSC_2262_20170522213639a01.jpg DSC_2266_20170522213642e55.jpg DSC_2281.jpg
慶田盛    ストレートのフォアボール
DSC_2328_20170522213755634.jpg DSC_2329_20170522213757f39.jpg DSC_2330_20170522213758a74.jpg
濱田     0-1から2球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_2334_20170522214010a9c.jpg DSC_2335_201705222140228c1.jpg DSC_2337_20170522214029043.jpg
DSC_2339_20170522214020f78.jpg DSC_2341_201705222140301f2.jpg DSC_2342_20170522214024807.jpg
イーグレッツ3-5ビクトリーズ
DSC_2354_20170522214149c4d.jpg DSC_2355_20170522214157f94.jpg DSC_2356_20170522214200e8e.jpg
今井     初球を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_2359_201705222145251e6.jpg DSC_2361_2017052221453512b.jpg DSC_2363_20170522214532124.jpg
イーグレッツ3-6ビクトリーズ
DSC_2373_20170522214635d7c.jpg DSC_2375.jpg DSC_2374_20170522214637b5b.jpg
上田     初球をセカンド前送りバント
DSC_2385_20170522214753c56.jpg DSC_2386_20170522214752661.jpg DSC_2390_20170522214757515.jpg
後藤     初球を打ってセカンドフライ

8回裏
DSC_2407_20170522231033acb.jpg DSC_2408_20170522231104a40.jpg DSC_2409_2017052223105814c.jpg
DSC_2410_20170522231104d6d.jpg DSC_2411_20170522231056e2a.jpg DSC_2412.jpg
島内     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
DSC_2461_20170522231521f4d.jpg DSC_2462_20170522231518d8c.jpg DSC_2463_20170522231516a92.jpg
飯田     0-2から4球目を打ってショートゴロダブルプレイ
大野     1-1から3球目を打ってショートゴロ

9回表
新日鐵住金広畑イーグレッツ選手交代

DSC_2553_20170522232357986.jpg DSC_2554_20170522232409a9b.jpg
DSC_2555_201705222324142b0.jpg DSC_2556.jpg
ピッチャー森本に代えて宮田康喜(姫路南高校)

DSC_2506_20170522233317045.jpg DSC_2509_2017052223330918b.jpg DSC_2510_201705222333165c4.jpg
池田の代打國島一平(東北高高校~日本体育大学) 初球を打ってライト前ヒット
代走藤澤直樹(伊那弥生ヶ丘高校~日本体育大学)
DSC_2532_201705222336082fd.jpg DSC_2533_20170522233622b73.jpg DSC_2535_20170522233620f3d.jpg
伊藤淳    1-1から3球目をピッチャー前送りバント
小原     フルカウントから6球目を選んでフォアボール
DSC_2660_20170522233739404.jpg DSC_2661_20170522233741d3e.jpg DSC_2662_20170522233734f74.jpg
石井     2-0から3球目を打ってセンターフライ
慶田盛    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
DSC_2768_201705222338448ab.jpg DSC_2769_20170522233854a17.jpg DSC_2770_201705222338522d0.jpg
濱田     0-1から2球目を打ってサードゴロ

●結果的にはサヨナラ負けになってしまいましたが、思い返せば、ここであと何点か欲しかった。場面としては「だめ押し」が出来る所でもありましたしね。ちょっと勿体ないイニングでした

9回裏
伯和ビクトリーズ選手交代

代走藤澤がそのまま入りサード サード慶田盛がショート 
DSC_2782_20170522234110590.jpg DSC_2783_2017052223405866e.jpg
DSC_2785_201705222341123a3.jpg DSC_2787_20170522234107244.jpg
ピッチャー佐原に代えて棚橋修司(近江高校~大阪工業大学)

大場     1-1から3球目を打ってライトオーバーツーベースヒット
佐々木    1-2から4球目を空振り三振
庄子     3-1から5球目を選んでフォアボール
池本     3-1から5球目を選んでフォアボール
次打者椎名の初球前にピッチャー棚橋セカンドへ牽制悪送球サードランナー大場ホームイン
イーグレッツ4-6ビクトリーズ
椎名     2-0から3球目を打ってレフト前タイムリーヒット
イーグレッツ5-6ビクトリーズ
木戸地    1-1から3球目を打ってライトへ犠牲フライ
イーグレッツ6-6ビクトリーズ
DSC_2965_201705222343387a1.jpg DSC_2966_20170522234326869.jpg DSC_2968_201705222343398a2.jpg
島内     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
DSC_3029_20170522234528480.jpg DSC_3030_20170522234527074.jpg DSC_3031_201705222345264b7.jpg
飯田     2-2から5球目を打ってレフト前ヒット

伯和ビクトリーズ選手交代
DSC_3048.jpg DSC_3049.jpg
DSC_3050.jpg DSC_3051.jpg
ピッチャー棚橋に代えて田村 凌太郎(大田高校~大阪体育大学)

大野     1-1から3球目を打ってサヨナラ内野安打

伯和ビクトリーズ 001 300 020 6
広畑イーグレッツ 003 000 004 7

試合時間:おおよそ3時間29分
観衆:9

投手成績
伯和ビクトリーズ
椙山 5  回 18人 63球 4被安打 1与四死球 1奪三振 3失点 3自責点
平川 1.0回  4人 10球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
佐原 2  回  5人 22球 1被安打 0与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
棚橋 1.2回 11人 42球 6被安打 2与四死球 1奪三振 4失点 4自責点
田村 0  回  1人  3球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

新日鐵住金広畑イーグレッツ
尾嶋 3  回 11人 41球 2被安打 0与四死球 2奪三振 1失点 1自責点
森   1  回  7人 33球 3被安打 1与四死球 0奪三振 3失点 0自責点
岡上 2  回  8人 32球 0被安打 2与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
森本 2  回 11人 39球 4被安打 1与四死球 1奪三振 2失点 2自責点
宮田 1  回  6人 22球 1被安打 2与四死球 0奪三振 0失点 0自責点



DSC_3093_20170523003345ab1.jpg
両チームビッグイニングの応酬、頻繁に投手交代も行い、社会人野球のオープン戦共ではそうそうお目にかかれない試合の長さになりましたが、良い所も悪い所もみな出た、と言うか出せた試合かと思います。それこそ「オープン戦でよかったよかった」と言わぬばかりの試合内容だったかと。

DSC_3096_2017052303252433d.jpg DSC_3094_20170523032534835.jpg
その証拠に、両ベンチ共々、反省会はかなり長かったです。詳しくは控えますが。

新日鐵住金広畑イーグレッツは既に近畿地区予選に突入しています。伯和ビクトリーズはしばらく間が空きますが6月1日から、まずは予選リーグ戦を戦います。それまでにオープン戦がもう1試合予定されています。長くはなりましたが、これが今後の都市対抗野球地区最終予選に活かされれば。

DSC_3100_20170523033032a19.jpg DSC_3099_20170523033043fe1.jpg
今日のポジティブ要素は、9回裏の牽制悪送球以外は全くエラーが出なかった事。守備から崩壊していく試合って、観ててつまらんし、当然やってる方もつまらんはず。ただ、試合前の守備練習を見てると、両チームとも守備の心配はなさそうです。点を取ってナンボの野球ですが、やらないのも手。

特に攻撃力の拮抗したチーム同士ともなると、些細なミスが一気崩壊に繋がる。それが如実に表れたのが9回裏。フォアボールでランナーを溜めて、牽制悪送球は「自滅」以外のナニモノでもない。勿体ない負け、では済まされぬ都市対抗野球地区予選。今後の両チームの健闘をお祈り致します。

2017.05.23 / Top↑
今年2月に初めて「社会人野球チームの練習見学」の為に、東広島アクアスタジアムを訪れました。

その時は午前中割と遅い時間の出立だったゆえ、タクシーを使ったりで、結構ズボラをかましたもんですが、公共交通機関で行こうと思えば行ける所。さらに今回、都市対抗野球広島県予選はAM09:00試合開始予定。ゆえに、2月とはまた違う方法での、スタジアム訪問と相成りました。

DSC_0001_201705200128519e4.jpg DSC_0006_20170520012857046.jpg
早朝05:00前の地下鉄なかもず駅。これまでこの時間帯のなかもず駅には、徒歩やタクシーを使ったりしていましたが、秋近辺に24時間100円の無人自転車置き場を発見し、有効利用する事に。

DSC_0003_20170520012852180.jpg DSC_0004_20170520012854792.jpg
しかしこのなかもず駅の上り一番電車が不思議なのは、ホームに留置してある電車が二番電車の江坂行になり、一番電車はあびこ駅かどっかから改装されてくる。まぁこの辺は「都合」でしょうけどね。

DSC_0007_20170520013234fb8.jpg DSC_0008_20170520013238ceb.jpg
05:45、地下鉄新大阪駅到着。梅田方にはエスカレーターもありますが、工事中なので階段が使えず大混雑。故になかもず駅では前の方に乗って、江坂方の階段を降りる方がかなり早くなります。

DSC_0009_201705200136585cc.jpg DSC_0010_201705200137066ef.jpg
山陽新幹線新大阪駅。東京方面に向かう「東海道新幹線」の」改札は混雑していますが、在来線と接続しているJR西日本側の改札ならびに窓口は比較的穏やか。窓口も並ばずに済みました。

DSC_0012_20170520013701257.jpg DSC_0013_20170520013709e07.jpg
乗車するは、この時間帯ではお馴染みになった博多行「ひかり441号」。停車駅は、新倉敷駅以外の、旧国鉄時代に開業した山陽新幹線の駅。新尾道駅、東広島駅、厚狭駅は通過します。こんな停車駅でも、22分後に発車する「さくら541号」には広島駅まで追いつかれないんだからスグレモノ。そして、おそらくこの列車が「最後の700系使用列車」になる可能性も無きにしも非ず。

DSC_0016_20170520014608291.jpg
今回、東広島駅まではついに、新幹線自由駅回数券を買いました。ぶっちゃけ、どこの金券ショップに行っても、新大阪~東広島のバラ売りは売ってません。それどころか持ち込んでも、需要が無いので買い取ってもらえません。ある意味、東広島駅は、山陽新幹線の秘境駅、でもあります。

DSC_0019_201705200149092e7.jpg DSC_0021_20170520014916528.jpg
07:31、三原駅到着。ここで、途中新尾道駅で追い抜いた「こだま725号」に乗り換えます。ホームの案内板は「広島・博多方面」とだけ。そらそうですよ。ここから九州新幹線直通列車には乗れないんですから。

DSC_0027_20170520014919407.jpg DSC_0026_2017052001492035a.jpg
DSC_0029_20170520015418461.jpg
07:36。後からやってきた「こだま(レールスター)725号」広島行。自由席は1~3、7、8号車。もちろん、二列シートの8号車に乗車しました。ちなみに喫煙ルームはありません。

DSC_0031_20170520015523853.jpg DSC_0034_20170520015531e15.jpg
07:47、東広島駅到着。広島方面への通勤、また東広島市内にある、広島大学への通学等でもっと賑わっているのかと思いきや、どう考えても南海高野線初芝駅の方が賑わってる。とここで、出来る事なら東広島駅構内にあるセブンイレブンで買い物を済ませておくことをお薦めします。

DSC_0035_20170520020023f38.jpg DSC_0036_2017052002002354c.jpg
前回は、東広島駅からタクシー利用でしたが、今回は朝早く、しかも通学時間帯に当たるということで、広島大学行のバスに乗車します。画像は中国ジェイアールバスですが、芸陽バスとの共同運行路線。「大学行」とは言うものの、頻繁に運転されているわけではなく、一日4往復のみ。この07:55発の便を逃すと、次は09:20となり、09:00試合開始には絶対に間に合いません。

DSC_0037_20170520020747916.jpg DSC_0038_20170520020746c77.jpg
東広島駅から約5分で「東広島運動公園」停留所到着。ちなみに、バスはガラガラでした。月曜日だったからなのか、ただ単に利用者が少ないだけなのか。そしてその前にドーンとそびえ立つのは体育館。かなり立派です。やはりこの手の「運動公園」は郊外に設けられるのが常なんでしょうね。

DSC_0039_201705200213593f5.jpg DSC_0040_20170520021406765.jpg
DSC_0041_2017052002135693f.jpg DSC_0043_201705200214057be.jpg
体育館に沿って、西に向かって歩きます。裏手には陸上競技場。4枚め画像の奥に見えているのは、多目的広場の照明塔。目指すアクアスタジアムはさらにその奥になります。

DSC_0044_20170520021759ca3.jpg DSC_0045_201705200218153c8.jpg
DSC_0046_20170520021814b64.jpg DSC_0047_20170520021818861.jpg
DSC_0048_20170520021815960.jpg DSC_0049_2017052002181745b.jpg
とにかく、緑豊かな運動公園です。ごくたまに、早朝ランニングをする人の姿も。

DSC_0051_20170520022126f3c.jpg DSC_0053_201705200221303b3.jpg
撮影しながらの徒歩なのでちょっと時間がかかってますが、おおよそ7分で、アクアスタジアムが見えてきます。ここまで来たら付いたも同然。

DSC_0054_20170520022902dda.jpg
今回は新幹線利用なので、東広島駅からとなりましたが、山陽本線からだと、西条駅前7番乗り場から、呉駅方面行バスで「三升原」停留所下車。少し歩くことになりますが、結構な便数があります。広島市内からだとこちらが便利かも知れません。また、東広島運動公園バス停は、大阪から呉、西条方面への「呉ドリーム大阪号」と言う夜行バスも停車するので比較的便利かも知れません。

DSC_0058_201705200234226b1.jpg
収容人員は3800人。両翼100メートル、センター122メートルと、サイズとしては申し分ない球場ゆえ、プロ野球オープン戦は厳しいかもしれませんが、ウエスタンリーグ公式戦等も行われてもいい、とは思います。広島東洋カープと伯和ビクトリーズの試合なら、喜んで見に行くのになぁ。

今年はここで、都市対抗野球大会の、中国地区の全てが決します。

2017.05.20 / Top↑
偶然ながら二週連続、水曜日にウエスタンリーグのカープ戦観戦となりました。すっかり社会人野球に傾倒してしまってる為、日程すらも頭に入ってないんですが、とりあえず水曜日はプロ野球。

現状のカープ二軍ですが、私が思うに、一定期間の選手育成・鍛練の時期を過ごし、鍛え上げられたた選手が、一軍で「リーグ優勝」と言う明確な結果を残し、今では一軍から溢れた一部の選手の調整、それ以上に次世代の選手の鍛練の時期を迎えているように感じます。今、一軍で活躍している選手は、大半が内田順三前監督の教え子。お次は水本監督の手腕に期待がかかる事になります。

それは阪神タイガースにも言える事とも思います。中谷将大や北條史也、原口文仁、秋山拓巳等、ここ数年で力を付けた選手が、着実に結果を叩き出し、一軍でカープとともに、セントラルリーグのペナントレース争いをリードしています。そして、植田海や陽川尚政などが次の一軍を狙ってます。

ぶっちゃけ今の阪神タイガースは、一軍も二軍も期待度無限大の状況ではないでしょうか。ちょっと遅れましたが、そんなタイガース対カープのウエスタンリーグ公式戦、です。

DSC_0001_201705180220086f6.jpg DSC_0002_20170518022016f00.jpg
阪神鳴尾浜球場に来るのは、3月29日の、タイガース対バファローズ以来(諸般の事情により、記事にしてません)。桜の季節もすっ飛ばして、いきなり新緑の季節。ここまで空いたのは初、かな。

DSC_0003_20170518022335d49.jpg 
DSC_00052.jpg DSC_00062.jpg
ちょうど、阪神鳴尾浜球場の隣にある、鳴尾浜臨海公園や球場で、タイガース投手陣のウォーミングアップが終わった時間。福永春吾とロマン・メンデスがサインに応じていました。

DSC_0008_20170518022605828.jpg DSC_0009_201705180226126ef.jpg
おはようございます阪神鳴尾浜球場。何やかんや言いながらも、ここが一番落ち着きます。



スターティングオーダー
先攻:広島東洋カープ
1(遊)庄司隼人
2(指)梵  英心
3(一)アレハンドロ・メヒア
4(右)ザビエル・バティスタ
5(三)美間優槻
6(左)下水流昂
7(捕)坂倉将吾
8(中)高橋大樹
9(二)桒原  樹
投:戸田降矢

○目新しいところと言えば、坂倉将吾くらいかなぁ、と言うところ。育成選手ながら既に10本のホームランを放っているザビエル・バティスタが「バッティングに関しては」そろそろ、といったところか。

後攻:阪神タイガース
1(中)藤川俊介
2(二)植田  海
3(左)陽川尚政
4(一)新井良太
5(右)伊藤隼太
6(三)大山悠輔
7(遊)森越祐人
8(捕)岡崎太一
9(投)岩田  稔

●大山悠輔を育てたいがための、陽川尚政のレフト守備ですが、ある程度完成に近づいていたと思われる陽川をレフトに回してまで、大山を起用したいのか、と言う話にもなります。この辺は昨年の阪神タイガースのドラフト戦略にまで遡りますので控えますが、「「内野手の長距離砲」ってのはどこのチームも喉からでが出るほど欲しい状態なので、ちょっともったいないような気も。

審判員
球審:梅木謙一 一塁:今岡諒平 三塁:山村裕也
公式記録員:村林弘之

打撃成績
1回表
庄司     初球を打ってショートゴロ
梵      3-1から5球目を打ってサード内野安打
メヒア    1-2から4球目を打ってショートゴロダブルプレイ

1回裏
俊介     0-2から3球目を打ってショートゴロ
植田     2-2から6球目を打ってセンターフライ

陽川     1-0から2球目を打ってレフトへ第5号ソロホームラン
タイガース1-0カープ
良太     2-1から4球目を打ってサードゴロ

2回表
バティスタ  2-1から4球目を打ってショートゴロ
美間     初球を打ってピッチャーゴロ
下水流    0-2から3球目を打ってライト前ヒット
坂倉     2-2から5球目を見逃し三振

2回裏
伊藤隼    フルカウントから7球目を選んでフォアボール
大山     1-1から3球目を打ってセカンドフライ
森越     1-1から3球目を打ってショート強襲内野安打
岡崎     1-2から4球目を打ってショートゴロサードフォースアウト
岩田     1-2から5球目を空振り三振

3回表
高橋大    2-1から4球目を打ってショトゴロ
桒原     0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
庄司     0-1から2球目を打ってショートゴロ

3回裏
俊介     2-1から5球目を打ってライトフライ
植田     2-2から5球目を空振り三振

陽川     2-1から5球目を打ってレフトへ第6号ソロホームラン
タイガース2-0カープ
良太     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
伊藤隼    2-1から4球目を打ってファーストゴロ

●2打席連発、第一打席のそれと似たような放物線は、ライトからレフトへの風にも乗っての「スタンドイン」。このバッティングをどうにかして一軍で活かせぬものか。

〇それにしても危なっかしいのがセカンド・桒原樹と、ライトのサビエル・バティスタの声の連携。ごくたまに行われる、庄司隼人と桒原樹のポジション入れ替え。フィールディング、スローイングの鍛錬の意味もあると思いますが、後ろに誰が守っているか、を考慮した声の連携も大事。試合前のノックでも十分出来るはず。事実、アマチュア野球ではやっている所、多いですからね。

4回表
梵      0-1から2球目を打ってセカンドフライ
メヒア    1-1から3球目を打ってセンターフライ

バティスタ  2-2から5球目を打ってレフトへ第11号ソロホームラン
タイガース2-1カープ
美間     2-0から3球目を打ってショートゴロ

〇この時期で既に11号ホームランのザビエル・バティスタ。ブラッド・エルドレッドが今シーズンから2年契約という事で「まだまだ出番はなさげ」の声もあるとは思いますが、ことバッティングに関してはもう十分に戦力に成り得るかと思います。ブラッド・エルドレッドも、出たり出なんだりですからね。

〇バッティングに関しては、このように記事にもなったりしてます。しかしながら、前のイニングでもあったように、つまらない守備のミスは未然に防がないといけない。セントラルリーグは打てばいいってもんじゃない。守備に就かなければあきませんから、まずそこは徹底的に鍛えないと。

4回裏
大山     1-2から5球目を打ってライトフライ
森越     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
岡崎     初球を打ってライトフライ 
岩田     0-2から3球目を見逃し三振

5回表
下水流    1-2から4球目を打ってショートゴロ捕球エラー
坂倉     1-1から3球目を打ってセカンドゴロセカンドフォースアウト
高橋大    1-1から3球目を打ってライト前ヒット ファーストランナー坂倉はサードへ
桒原     初球を打ってライト前タイムリーヒット ファーストランナー高橋大はサードへ
タイガース2-2カープ
庄司     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ サードランナー坂倉ホームイン
タイガース2-3カープ
梵      1-2から4球目を打ってライトフライ

5回裏
俊介     1-2から4球目を打ってサードライナー
植田     2-2から7球目を打ってショートゴロ

広島東洋カープ選手交代
ピッチャー戸田に代えて小野淳平

陽川     2-2から6球目を空振り三振

〇90球に満たぬタイミングで、そして陽川尚政を迎えた時点で、戸田降矢は交代。さすがに3打席連発は避けたかったのか、カープベンチは非情の采配。タラレバはご法度ですが、ランナーがおればもっと酷い事になっていただけに、これはまず納得出来る采配、かと思います。

6回表
阪神タイガース選手交代

ピッチャー岩田に代えて守屋功輝

メヒア    初球を打ってファーストファウルフライ
バティスタ  1-2から4球目を打ってサードゴロ
美間     2-1から4球目を打ってレフト前ヒット
次打者下水流の2球目にファーストランナー美間セカンド盗塁失敗

6回裏
良太     2-0から3球目を打ってセンターフライ
伊藤隼    フルカウントから9球目を選んでフォアボール
代走に緒方凌介
大山     2-2から5球目を打ってライトフライ
森越の代打板山祐太郎 2-2から6球目を打ってライトフライ

〇大山悠輔の「ライトフライ」。バティスタと高橋大樹が軽く衝突。頑張って追いかけるのは、ええ所も見せたいだろうし、気持ち的には分からなくもないけど、バックで声も入っているように、明らかにセンター高橋大樹が処理すべき打球。大事には至らなかったものの、ここでも声の連携の未熟さを露呈。と言うか、起用すべきポジションはしっかり固定するべき。事故が起こってからでは遅い。

7回表
阪神タイガース選手交代

代打板山がそのまま入りセカンド
セカンド植田がショート
代走緒方がそのまま入りライト

下水流    1-2から4球目を見逃し三振
坂倉     0-1から2球目を打ってショートゴロ
高橋大    0-2から3球目を空振り三振

7回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー小野に代えて永川勝浩

岡崎の代打西田直斗 初球を打ってレフトフライ
守屋の代打小豆畑眞也 2-2から5球目を打ってショートゴロ
俊介     2-2から6球目を打ってライト前ヒット
植田     0-2から3球目を見逃し三振

〇昨シーズンから若干腕の出処を下げ、スリークォーター気味に「リニューアル」した永川勝浩。スタメン指名打者の梵英心もそうですが、若手選手がやたらとクローズアップされるカープの現状にあって、緒方孝市監督は、今後彼らをどう起用したいのか、これだけはちょっと問うてみたい。

〇そのベテランとバッテリーを組むことになってしまった、高卒ルーキーの坂倉将吾。ポロリもいくつかあり、キャッチャーとしてはまだまだ、の印象。これだけは二軍でじっくり鍛錬を積み重ねるだけ。バッティングの評価型くなっていますが、キャッチャーである以上「壁」に撤しないと。

●代打西田直斗の大飛球。下水流昂のファインプレイに阻まれはしたものの、逆方向へしっかりスイング。育成選手にはなりましたが、支配下登録復帰も近いかな、と。あとはポジションの問題。

8回表
阪神タイガース選手交代

代打小豆畑がそのまま入りキャッチャー
代打西田に代えてピッチャー高宮和也

桒原     初球を打ってショートフライ
庄司     初球を打ってピッチャー強襲内野安打

阪神タイガース選手交代
ピッチャー高宮に代えて石崎剛

梵の代打船越涼太 1-1から3球目を打ってショートゴロダブルプレイ

8回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー永川に代えて中崎翔太

陽川     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
良太の代打今成亮太 1-1から3球目を打ってセンターフライ
緒方     初球を打ってライト前ヒット ファーストランナー陽川はサードへ
大山     1-2から4球目を打ってサードゴロ サードランナー陽川挟まれタッチアウト
板山     2-1から4球目を打ってサードフライ

〇前日の登板に続いての「連投テスト」の中崎翔太。ストレートは145km/hが1球。もしこれが今のいっぱいいっぱいだったとしたら、もう少し様子は見たほうがいいかな、とも。一軍は現状、今村猛とジェイ・ジャクソンで回ってるし。但し、阪神鳴尾浜球場のスピードガンも、あまりアテになりません。キャッチャーが坂倉将吾だった、と言う条件も考慮せなイカンとは思いますけどね。

9回表
阪神タイガース選手交代

代打今成がそのまま入りファースト

メヒア    1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
代走に上本崇司 しかし次打者バティスタの2球目に盗塁失敗
バティスタ  フルカウントから6球目を選んでフォアボール
美間     1-2から4球目を見逃し三振
下水流    フルカウントから6球目がデッドボール
坂倉     ストレートのフォアボール

高橋大の代打土生翔平 0-1から2球目を打って左中間突破タイムリースリーベースヒット
タイガース2-6カープ
桒原     初球を打ってサードゴロ

9回裏
広島東洋カープ選手交代

ピッチャー中崎に代えて飯田哲矢
代走上本がそのまま入りサード
サード美間がファースト
代打土生がそのまま入りセンター

石崎の代打狩野恵輔 フルカウントから6球目を見逃し三振
小豆畑    1-2から4球目を打ってセカンドフライ
俊介     0-1から2球目を打ってショートゴロ

阪神鳴尾浜球場 第10回戦 阪神3勝6敗1分
鯉さんチーム 000 120 003 6
虎さんチーム 101 000 000 2

勝投手:小野淳平(13試合1勝1敗)
敗投手:岩田  稔(6試合2勝3敗)
本塁打:[広島]ザビエル・バティスタ11号(4回表 ソロ 岩田から)
       [阪神]陽川尚政5号(1回裏 ソロ 3回裏 ソロ いずれも戸田から)
試合時間:3時間4分
観衆:500(試合開始直後~5回裏終了後まで入場規制発動)

投手成績
広島東洋カープ
戸田  4.2回 20人 86球 4被安打 2与四死球 3奪三振 2失点 2自責点
小野  1.1回  5人 29球 0被安打 1与四死球 1奪三振 0失点 0自責点
永川  1  回  4人 14球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
中崎  1  回  5人 21球 1被安打 1与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
飯田  1  回  3人 12球 0被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点

阪神タイガース
岩田  5  回 20人 65球 5被安打 0与四死球 1奪三振 3失点 2自責点
守屋  2  回  6人 20球 1被安打 0与四死球 2奪三振 0失点 0自責点
高宮  0.1回  2人  2球 1被安打 0与四死球 0奪三振 0失点 0自責点
石崎  1.2回  8人 25球 2被安打 3与四死球 1奪三振 3失点 3自責点



DSC_0625_20170518024832e8d.jpg
えー、今更ではありますが、いろんな試合引っ括めて、今シーズン初めて「カープが勝った試合」を見せていただきました。まぁ今年は最初の試合から散々でしたからねぇ。

DSC_0622_201705180248392e5.jpg
5月18日現在、カープ二軍のウエスタンリーグ成績は16勝18敗3分の4位。まだどこかが抜け出すと言う雰囲気にはないですが、とにかく勝ち進まなければ「経験値」にはならない、とも思ってます。

今シーズンの水本勝己監督の方針は「まず育成」だそうですが、それでもやっぱり、個人成績が上がればチームの成績も上がろうし、それが選手の自信にもなる。その積み重ねをしてきた選手が今現在、一軍で活躍している。やるべき事をやって、チームが勝って、それがそれこそ「チームの底上げ」になる、とも考えています。少なくとも、各地を転戦して、試合を見せている以上、は。

育てながら勝つのは難しいとも言われています。同時進行出来ないのかも、と思った時期もありましたが、内田順三監督の頃のカープ二軍を見ていたら、決してそれは不可能じゃない、とも考えます。

DSC_0621_20170518024841e59.jpg
かたや阪神タイガース。昨年のこの時期は頻繁に選手の入れ替えを行っていましたが、今年は比較的穏やか。昨シーズンの、チーム全体での試行錯誤から、次の段階に移ったかなぁ、とも思ってます。先にも記したように、ここ数年、阪神鳴尾浜球場で汗を流してきた面々が次々と、スポーツ新聞の見出しになってます。これはこれで喜ばしいことじゃないですかね。

福留孝介や鳥谷敬と言ったベテランと、二軍で実績を積み重ねてきた連中がうまくかみ合ってる。昨シーズンのカープは、新井貴浩と、引退した黒田博樹と言うベテランがいましたが、どことなくそれに似た様相。まだまだ先はわかりませんが、阪神タイガースと広島東洋カープ、この2チームが上位を走っているのも、何となく頷けます。もっとも、モノは言いようだとは思いますが。

他球団でも、思うところはたくさんあります。

2017.05.19 / Top↑
※都市対抗野球大会広島県予選は、すでに無事終了していますが「こんな試合だったんだ」と言う程度で見ていただければこれ幸いです。



今年も、この時期がやって来ました。都市対抗野球大会予選。

都道府県によっては、既に一次予選を終え、企業チームが名を連ねる二次予選トーナメントの組み合わせが発表されたりもしてます。因みにこの日は、近畿地区二次予選の抽選会が行われました。それもまた気にはなるんですが、まずは、ついに始まった(一次)広島県予選を観戦に行ってきました。

そして、トーナメントの幹となる、第一代表決定トーナメント。一回戦を突破したチームは、既に第四代表以上の座を獲得が決定、残るは中国地区二次予選に向けて、さらに上位の代表権を争う戦いになります。たった8チーム参加の県予選どはありますが、既に血で血を争う戦いになっています。

※ここまでコピペです。

そしちぇ、この日の第三試合。JFE西日本y対三菱重工広島、です。

DSC_2816_20170517233727a96.jpg
かたやJFE西日本。

DSC_2740_20170517234528218.jpg DSC_2771_20170517234540a75.jpg
DSC_2781_20170517234541334.jpg DSC_2737_2017051723454238a.jpg
一回戦の対戦相手はMSH医療専門学校だったんですが、とても有利に試合を進めたとは言えず、一時は同点に追い付かれると言う、薄氷を踏む勝利。もっとも、それが都市対抗野球予選の厳しさ。

DSC_2767_20170517234546a2c.jpg DSC_2774_20170517234557b38.jpg
DSC_2793_20170517234607d44.jpg DSC_2804_20170517234610818.jpg
丸一日空けて、第一代表決定トーナメント。確率8分の5で勝ち抜ける広島県予選とは言え、その後に控える中国地区二次予選で与えられる東京ドーム切符は2。サヴァイバルに代わりはありません。

DSC_2814_20170517233732e1e.jpg
こなた三菱重工広島

DSC_2786_20170517234913c4a.jpg DSC_2780_20170517234912aa6.jpg
DSC_2779_201705172349258a2.jpg DSC_2807.jpg
3月末の松本旗三浦旗大会を制し、JABA岡山大会、JABA京都大会では優勝決定戦まで進出。今年のチームの充実ぶりと完成度が如実に表れてはいますが、今一歩、届く所に届いてません。

DSC_2791_2017051723493033b.jpg DSC_2808_20170517234933c83.jpg
初戦は福山ローズファイターズを投打共に圧倒し、まずは第四代表以上を確保。中国地区二次予選は予選リーグ戦から始まるので、代表順位にさほど大差はないとは思いますが、県予選で負けていてはとても、中国地区第一代表は獲れません。一気に駆け抜けるつもりでないと、明日はありません。



スターティングオーダー
先攻:広島市・三菱重工広島
1(遊)田中友博 (享栄高校~愛知学院大学)
2(二)堤  裕貴 (龍谷高校~オリックスバファローズ)
3(右)実政太一 (如水館高校)
4(一)國本剛志 (近大福山高校~近畿大学)
5(指)松原匡志 (天理高校~同志社大学)
6(中)汐月祐太郎(熊本高校~筑波大学)
7(三)松永弘樹 (広陵高校~早稲田大学)
8(捕)山崎善隆 (昭和第一学園高校~中京学院大学)
9(左)市原一樹 (松商学園高校~専修大学)
投:宮地翔太 (中京高校~中京学院大学)

後攻:福山市・JFE西日本
1(右)本郷貴彦 (広陵高校~近畿大学工学部)
2(中)友滝健弘 (盈進高校~駒澤大学)
3(遊)岡  将吾 (西日本短期大学附属高校~駒澤大学)
4(三)松浦大則 (金光学園高~関西学院大)
5(一)橋本
6(二)三木大知 (倉敷工業高校~岡山商科大学)
7(指)藤本知輝 (慶應義塾高校~慶應義塾大学)
8(捕)浦翔太郎 (明徳義塾高校~拓殖大学))
9(左)中山康太 (広島商業高校~MSH医療専門学校)
投:谷中文哉 (盈進高校~駒澤大学)

審判員
球審:丸山 一塁:佐々木 二塁:山路 三塁:櫻井

打撃成績
1回表
田中     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
DSC_2871.jpg DSC_2873_20170517235227f4e.jpg DSC_2875_2017051723523537c.jpg
堤      2-1から4球目を打ってレフトフライ
DSC_2916_2017051723572438e.jpg DSC_2917_20170517235727477.jpg DSC_2918_20170517235727932.jpg
次打者実政の3球目にファーストランナー田中セカンド盗塁失敗
DSC_2932_20170517235733093.jpg DSC_2933.jpgDSC_2934_20170517235733d49.jpg
実政     2-2から5球目を打ってショート内野安打
DSC_2955_20170517235939b59.jpg DSC_2956_20170517235933f72.jpg DSC_2957_20170517235941a64.jpg
次打者國本の2球目にファーストランナー実政セカンド盗塁失敗

1回裏
DSC_2980_2017051800013731d.jpg DSC_2981_20170518000140bf1.jpg DSC_2982_2017051800011762d.jpg
本郷     1-2から4球目を打ってショートゴロ
DSC_3015_2017051800015306b.jpg DSC_3016_2017051800015231b.jpg DSC_3019_20170518000152ac9.jpg
友滝     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
次打者岡の4球目にファーストランナー友滝セカンド盗塁成功
岡      2-2から5球目を空振り三振
DSC_3086_20170518000427789.jpg DSC_3087_20170518000425228.jpg DSC_3090_201705180004312ac.jpg
次打者松浦の初球にワイルドピッチ
DSC_3117_201705180005470a2.jpg DSC_3118_201705180005483ec.jpg DSC_3119_20170518000545372.jpg
松浦     3-1から5球目を打ってライト前タイムリーヒット
DSC_3121_20170518000721854.jpg DSC_3124_2017051800072495d.jpg DSC_3129.jpg
JFE西日本1-0三菱重工広島
DSC_3148_201705180009349bb.jpg DSC_3150_20170518000945f3e.jpg DSC_3151_20170518000945fc1.jpg
橋本     1-1から3球目を打ってレフトフライ

2回表
國本     1-2から4球目を空振り三振
松原     初球を打ってライト前ヒット
汐月     1-1から3球目を打ってライト前ヒット
松永     1-1から3球目を打ってセカンドフライ
山崎     2-1から4球目を打ってショート内野安打
DSC_3192_20170518001100342.jpg DSC_3193_201705180011082cb.jpg DSC_3194.jpg
市原     2-1から4球目を打ってライト前2点タイムリーヒット
JFE西日本1-2三菱重工広島
田中     1-0から2球目を打ってショートフライ

2回裏
三木     0-2から3球目を打ってセンター前ヒット
藤本     ストレートのフォアボール
DSC_3213_20170518001320bae.jpg DSC_3214_20170518001327c0c.jpg DSC_3215_201705180013295f3.jpg
浦      1-2から4球目をキャッチャー前送りバント失敗サードフォースアウト
DSC_3244_20170518001457405.jpg DSC_3245_201705180015047a0.jpg DSC_3246_20170518001511bda.jpg
DSC_3250.jpg DSC_3251.jpgDSC_3252.jpg
中山     0-1から2球目を打ってショートゴロダブルプレイ

3回表
堤      フルカウントから8球目を打ってピッチャーゴロ
実政     初球を打ってレフトフライ
國本     初球を打ってレフト前ヒット
松原     フルカウントから13球目を打ってサードファウルフライ

3回裏
本郷     フルカウントから6球目を打ってセンター前ヒット
友滝     2-2から5球目を空振り三振
岡      1-1から3球目を打ってセカンドゴロダブルプレイ

4回表
汐月     フルカウントから6球目を打ってセカンドゴロ
松永     1-2から4球目を空振り三振
山崎     初球を打ってセカンドゴロ

4回裏
松浦     ストレートのフォアボール
橋本     2-1から4球目を打ってセンター前ヒット
三木     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
藤本     3-1から5球目を打ってライト前2点タイムリーヒット
JFE西日本3-2三菱重工広島
浦      初球をピッチャー前送りバント
DSC_3389.jpg DSC_3390.jpg DSC_3392.jpg
中山     2-2から7球目を打ってサードゴロ

5回表
市原     0-1から2球目を打ってサードゴロ
田中     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
堤      2-1から4球目を打ってセカンドゴロ
ファーストランナー田中はセカンドへ
実政     2-2から5球目を空振り三振

5回裏
三菱重工広島選手交代

ピッチャー宮地に代えて伊藤一輝(中京大学附属中京高校~駒澤大学)

本郷     フルカウントから7球目を打ってショートゴロ
友滝     0-2から3球目を打ってセカンドフライ
岡      フルカウントから6球目を選んでフォアボール
松浦     3-1から5球目を選んでフォアボール
橋本     初球を打ってセンターフライ

6回表
國本     1-1から3球目を打ってレフトへツーベースヒット

JFE西日本選手交代
ピッチャー谷中に代えて三好大倫(三本松高校)

DSC_3425_20170518001859213.jpg DSC_3427_201705180019065e5.jpg DSC_3429.jpg
松原     0-1から2球目を打ってライト前ヒット
DSC_3454_201705180020411f3.jpg DSC_3455_20170518002047eee.jpg DSC_3456_2017051800205410f.jpg
汐月     2-1から5球目を打ってライト前タイムリーヒット
DSC_3461_201705180020497b8.jpg DSC_3463.jpg DSC_3464_20170518002058005.jpg
JFE西日本3-3三菱重工広島

JFE西日本選手交代
ピッチャー三好に代えて宮崎翔(倉敷高校)

DSC_3496_20170518002221b3f.jpg DSC_3498_201705180022260b8.jpg DSC_3502_20170518002226b6d.jpg
次打者松永の2球目にワイルドピッチ ランナーそれぞれ進塁
DSC_3522_20170518002335220.jpg DSC_3523_20170518002342a0a.jpg DSC_3524_20170518002351513.jpg
松永     フルカウントから6球目を打ってレフト前2点タイムリーヒット
DSC_3525_20170518002347539.jpg DSC_3526_20170518002351c19.jpg DSC_3527_20170518002350eb5.jpg
JFE西日本3-5三菱重工広島
バッターランナー松永はセカンドへ

JFE西日本選手交代
ピッチャー宮崎に代えて藤井主文(PL学園高校~東京農業大学)

DSC_3557_20170518002515be1.jpg DSC_3558_20170518002518dd8.jpg DSC_3560_20170518002520f98.jpg
山崎     0-1から2球目をピッチャー前送りバント
DSC_3592_20170518002605227.jpg DSC_3593.jpg DSC_3594_20170518002615f39.jpg
市原     1-2から4球目を空振り三振
DSC_3615_20170518002708148.jpg DSC_3616_20170518002714faa.jpg DSC_3617_20170518002716500.jpg
田中     2-1から4球目を打ってファーストゴロ

6回裏
橋本     1-2から4球目を空振り三振
三木     2-2から8球目を空振り三振
藤本     1-2から4球目を空振り三振

7回表
JFE西日本選手交代

ピッチャー藤井に代えて陶山大介(倉敷工業高校)

堤      2-2から5球目を空振り三振
実政     2-1から4球目を打ってショートゴロ
國本     初球を打ってセンター前ヒット
松原     2-2から5球目を見逃し三振

7回裏
浦      初球を打ってファーストゴロ
中山の代打宮本夏輝(広陵高校~MSH医療専門学校) ストレートのフォアボール
本郷     2-2から5球目を空振り三振 ファーストランナー宮本セカンド盗塁失敗

8回表
JFE西日本選手交代

代打宮本がそのまま入りセカンド
セカンド三木がファースト
ファースト橋本がレフトへ

汐月     初球を打って右中間突破スリーベースヒット
松永     3-0から4球目を打ってレフトへ犠牲フライ
JFE西日本3-6三菱重工広島
山崎     1-2から4球目を空振り三振
市原の代打山本祐大(松山商業高校~駒澤大学) 4球目の空振りで負傷
代打の代打青木拓己(関大北陽高校~関西大学) 2-2から6球目を打ってセンター前ヒット
次打者田中の2球目にファーストランナー青木セカンド盗塁成功
田中     ストレートのフォアボール
堤      2-2から5球目を打ってセンターフライ

8回裏
三菱重工広島選手交代

ピッチャー伊藤に代えて鮫島優樹(神村学園高等部~MSH医療専門学校)
代打青木がそのまま入りセンター
センター汐月がレフトへ

友滝     0-1から2球目を打ってレフト前ヒット
岡      1-0から2球目を打ってライト前ヒット
松浦     1-1から3球目をピッチャー前送りバント
橋本     1-2から4球目を見逃し三振
三木     2-1から4球目を打ってショートゴロ

9回表
実政     フルカウントから7球目を打ってショートフライ
國本     1-2から4球目を空振り三振
松原     1-0から2球目を打ってファーストゴロ

9回裏
三菱重工広島選手交代

キャッチャー山崎に代えて佐々木駿(桐光学園高~國學院大学)

藤本の代打有村 初球を打ってレフト前ヒット
浦の代打法本  2-2から6球目を見逃し三振
宮本の代打高岡 初球を打ってファーストファウルフライ
本郷     フルカウントから9球目を選んでフォアボール
友滝     フルカウントから6球目を空振り三振

広島市・三菱重工広島
020 003 010 6
100 200 000 3
福山市・JFE西日本




DSC_3966_20170518002917ab7.jpg
点の取り合い、シーソーゲームとなった試合序盤。中盤から後半にかけては、攻める三菱重工広島、その猛攻を耐えしのぐJFE西日本の様相。ピッチャーは後先考えぬ総力戦。最後は三菱重工広島は鮫島投手、JFE西日本は陶山投手と言う両ベテランを投入する執念を見せあいました。

最後は捩じ伏せられた形になったJFE西日本ではありますが、今回の都市対抗野球以降の戦い方を占う、と言うか来シーズン以降のJFE西日本の「光」が見えたシーンがふたつ、ありました。

9番・レフトでスタメン出場だった新加入の中山康太選手(広島商業高校~MSH医療専門学校)。本来のポジションはキャッチャーですが、バッティングを活かすべく、外野で出場していました。

浦選手がバントでランナーを進めて中山選手にチャンスを託す事2度(一度目は失敗)。勿論ベンチの意図など知り得ませんし、たまたまかも知れませんが、何とか中山選手に決めてほしい、とも思える場面でした。残念ながら結果には繋がりませんでしたが、ベンチの期待度が「かなり」伺えます。

かたや三菱重工広島の汐月祐太郎選手。こちらも新加入ですが、ここまで、私が見る限りフル出場。彼もまた、広製の将来の中軸として期待されておるものと思われます。その期待に応えるべく、広島県予選では見事に、最優秀選手賞と首位打者賞(11打数6安打)を受賞されました。

プロ野球とはまた違うかも知れませんが、こう言った選手がいずれ、社会人野球の「顔」になっていく様子もまた、楽しみです。通常業務と野球の生活、大変だとは思いますが、是非ともご活躍を。


軽くネタバレになってしまいましたが翌日、三菱重工広島硬式野球部は、JR西日本硬式野球部との第一代表決定戦を制し、6月1日から始まる、中国地区二次予選にコマを進めました。

2017.05.18 / Top↑
※都市対抗野球大会広島県予選は、すでに無事終了していますが「こんな試合だったんだ」と言う程度で見ていただければこれ幸いです。



今年も、この時期がやって来ました。都市対抗野球大会予選。

都道府県によっては、既に一次予選を終え、企業チームが名を連ねる二次予選トーナメントの組み合わせが発表されたりもしてます。因みにこの日は、近畿地区二次予選の抽選会が行われました。それも気にはなるんですが、まずは、ついに始まった(一次)広島県予選を観戦に行ってきました。

そして、トーナメントの幹となる、第一代表決定トーナメント。一回戦を突破したチームは、既に第四代表以上の座を獲得が決定、残るは中国地区二次予選に向けて、さらに上位の代表権を争う戦いになります。たった8チーム参加の県予選どはありますが、既に血で血を争う戦いになっています。

※ここまでコピペです。

そしてこの日の第二試合、です。

DSC_1399_20170517034605439.jpg
かたやJR西日本。

DSC_1372_201705170348555d5.jpg DSC_1395_20170517034853ac1.jpg
DSC_1383_20170517034851771.jpg DSC_1390_201705170348378e5.jpg
大方の予想通り、広島鯉城クラブを圧倒し、まずは二回戦に進出。第四代表以上の権利を得て、まずは中国地区二次予選進出を決めましたが、今後の戦い方を考えると、県予選で敗けておれぬはず。

DSC_1349_201705170348370ae.jpg DSC_1351_20170517034835302.jpg
DSC_1346.jpg DSC_1345_20170517034802af9.jpg
そして、夏の頂点を目指すのであれば、県予選も中国地区二次予選も「全勝」で駆け抜けて欲しいし、それだけの力を秘めたチームだと思ってます。ただ、本当の戦いはここから、なんですよね。

DSC_1436_20170517034610c00.jpg
こなた、ツネイシブルーパイレーツ。

DSC_1411_20170517035317a54.jpg DSC_1405_20170517035314531.jpg
DSC_1402_201705170353139ec.jpg DSC_1398_201705170352579a1.jpg
伯和ビクトリーズとの、両チーム合計27安打の乱打戦を制し、二回戦進出。今シーズンから発足した「サポーターズクラブ」の後押しもあってか、昨年までとは違う何かを感じる試合となりました。

DSC_1359_20170517035252ae1.jpg DSC_1352_20170517035251f4a.jpg
DSC_1396_20170517035250ef4.jpg DSC_1354_2017051703524953b.jpg
チーム名に公募で愛称も付き、ユニフォームもチームロゴマークも一新、サポーターズクラブまで発足させ、ツネイシホールディングスの、野球部に対する並々ならぬ意欲と姿勢を感じさせます。



スターティングオーダー
先攻:福山市・ツネイシブルーパイレーツ
1(中)林 和宏 (崇徳高校~関東学院大学)
2(二)米澤 翼 (沖学園高校~九州産業大学)
3(左)手束海斗 (鳴門高校)
4(一)奥田雄也 (江の川高校)
5(指)杉本悠哉 (広島県立広島工業高校~法政大学)
6(右)藤川秀義 (広島工業高校~東亜大学)
7(遊)亀井雅人 (高知高校~立命館大学)
8(捕)筒井拓也 (神戸市立科学技術高~神戸学院大学)
9(三)永岡 涼 (宇部鴻城高校~福山大学)
DSC_1683_20170517035707a44.jpg DSC_1684_20170517035656c7c.jpg
DSC_1685_20170517035714182.jpg DSC_1686_201705170357176a8.jpg
投:小野晋一郎 (山口西京高校~吉備国際大学)

後攻:広島市・JR西日本
1(左)春原直登 (佐久長聖高~関東学院大)
2(二)伊與田一起(明徳義塾高校~専修大学)
3(三)藤澤拓斗 (柳ヶ浦高校~西濃運輸~中日ドラゴンズ)
4(遊)田村  強 (玉野高校~大阪体育大学)
5(指)蔵枡孝宏 (広陵高校~法政大学)
6(中)松野  光 (南陽工業高校~日本文理大学)
7(一)高木智大 (福岡大学附属大濠高校~法政大学)
8(捕)原田廣大 (東大阪大柏原高校~近畿大学)
9(右)佐藤直樹 (報徳学園高校)
DSC_1446_20170517035634391.jpg DSC_1447_201705170356457d6.jpg
DSC_1448_201705170357013db.jpg DSC_1449_20170517035715054.jpg
投:加賀美希昇 (桐蔭学園高校~法政大学~横浜DeNAベイスターズ)

審判員
球審:楠 一塁:佐藤 二塁:南場 三塁:高橋



打撃成績
1回表
林      2-1から4球目を打ってセカンドフライ
米澤     1-2から4球目を打ってライトフライ
DSC_1515_20170517040000a04.jpg DSC_1516_2017051704000079d.jpg DSC_1518_20170517040006459.jpg
手束     1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
次打者奥田の5球目にファーストランナー手束セカンド盗塁成功
奥田     フルカウントから8球目を選んでフォアボール
DSC_1634_20170517040312e5f.jpg DSC_1636_20170517040311a3f.jpg DSC_1637.jpg
杉本     1-2から4球目を見逃し三振

1回裏
春原     1-0から2球目を打ってセカンドゴロ
DSC_1657_201705170404392e3.jpg DSC_1658_2017051704043983a.jpg DSC_1659_201705170404438b3.jpg
伊與田    0-1から2球目を打ってセカンドゴロ
藤澤     2-1から4球目を打ってピッチャー強襲内野安打
DSC_1720_20170517040534efb.jpg DSC_1721_20170517040542f1d.jpg DSC_1722_20170517040541240.jpg
田村     1-1から3球目を打ってライトフライ

2回表
藤川     2-2から5球目を見逃し三振
亀井     0-1から2球目を打ってショートゴロ
DSC_1793_20170517041024737.jpg DSC_1795_201705170410255ad.jpg DSC_1798_20170517041027950.jpg
筒井     フルカウントから6球目を空振り三振

2回裏
DSC_1811_201705170411368ba.jpg DSC_1812_20170517041141a61.jpg DSC_1817_20170517041141775.jpg
蔵桝     2-2から5球目を打ってショートゴロ
DSC_1887_20170517041240b81.jpg DSC_1890_2017051704123687f.jpg DSC_1895_20170517041239381.jpg
松野     フルカウントから10球目を打ってショートゴロ
DSC_1903_201705170413454f2.jpg DSC_1905_20170517041347e24.jpg DSC_1912_2017051704134232f.jpg
高木     1-0から2球目を打ってセンターオーバーツーベースヒット
原田廣    2-2から5球目を打ってレフト前ヒット
DSC_2001.jpg DSC_2002_20170517041445176.jpg DSC_2005_201705170414449ff.jpg
佐藤     2-2から5球目を打ってファーストフライ

3回表
DSC_2027_20170517041554f2f.jpg DSC_2029_20170517041552450.jpg DSC_2030_20170517041553cdb.jpg
永岡     2-1から4球目を打ってセンターフライ
DSC_2053_20170517041655c2e.jpg DSC_2054_20170517041650ac1.jpg DSC_2056_20170517041653cb2.jpg
林      2-2から5球目を打ってセンターフライ
DSC_2071_201705170417473bf.jpg DSC_2072_20170517041747d00.jpg DSC_2073_201705170417453f4.jpg
米澤     0-1から2球目を打ってピッチャーライナー

3回裏 ※動画はありません
春原     1-2から4球目を打ってレフト前ヒット
伊與田    1-1から3球目をキャッチャー前送りバント失敗ダブルプレイ
藤澤     1-2から4球目を見逃し三振

4回表
手束     0-1から2球目を打ってレフトオーバーソロホームラン
JR西日本0-1ツネイシブルーパイレーツ
奥田     2-1から4球目を打ってライト前ヒット
杉本     初球をピッチャー前送りバント失敗セカンドフォースアウト
藤川     初球を打って右中間へヒット
亀井     1-1から3球目を打ってショートゴロダブルプレイ

4回裏
田村     0-1から2球目を打ってレフトオーバースリーベースヒット
蔵桝     2-2から5球目を打ってピッチャーゴロ
DSC_2132_20170517041904d0d.jpg DSC_2135_201705170419053f0.jpg DSC_2136_20170517041902b12.jpg
松野     2-1から5球目を打ってレフト前タイムリーヒット
DSC_2137_20170517042027fb2.jpg DSC_2140_201705170420209dc.jpg DSC_2146_201705170420270b9.jpg
JR西日本1-1ツネイシブルーパイレーツ
次打者高木の2球目にファーストランナー松野セカンド盗塁成功
DSC_2173_20170517042125fe9.jpg DSC_2174_201705170421237c3.jpg DSC_2175_2017051704212492a.jpg
高木     1-2から4球目を打ってレフトフライ
DSC_2185_2017051704225674a.jpg DSC_2186_20170517042242e9b.jpg DSC_2194_201705170422566de.jpg
原田廣    初球を打ってショートゴロ

5回表
筒井     フルカウントから7球目を打ってレフト線ツーベースヒット
永岡     1-0から2球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ
DSC_2212_201705170424026ff.jpg DSC_2213_2017051704240901b.jpg DSC_2215_20170517042407638.jpg
林      0-1から2球目を打ってセカンドゴロ

5回裏
佐藤     初球を打ってセカンドゴロ
春原     3-1から5球目を選んでフォアボール
DSC_2224.jpg DSC_2225_20170517042555e6e.jpg DSC_2226_20170517042557e48.jpg
伊與田    初球を打ってセカンドゴロダブルプレイ

DSC_2229_2017051704253752d.jpg DSC_2230.jpg DSC_2232_20170517042557c60.jpg
2打席連続ダブルプレイの伊與田選手。そらぁがっくりもしたくなりますわ・・・。

6回表
米澤     2-1から4球目を打ってファーストゴロ
手束     1-1から3球目を打ってショートゴロ
奥田     1-2から4球目を打ってピッチャーゴロ

6回裏
藤澤     初球を打ってファーストゴロ
田村     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
蔵桝     0-1から2球目を打ってファーストゴロダブルプレイ

7回表
DSC_2233_201705170428087d5.jpg DSC_2234_20170517042818944.jpg DSC_2237_201705170428168b7.jpg
杉本の代打斉藤達也(昌平高校~城西大学) 1-0から2球目を打ってライトフライ
藤川     3-1から5球目を選んでフォアボール
亀井     0-2から3球目を打ってセカンドライナーダブルプレイ

7回裏
DSC_2260_20170517042939338.jpg DSC_2261_20170517042940a0f.jpg DSC_2266_2017051704294634f.jpg
松野     フルカウントから6球目を空振り三振
高木     フルカウントから7球目を選んでフォアボール
代走に原田拓実(秀岳館高校)
DSC_2322_201705170430599f6.jpg DSC_2324_20170517043057522.jpg DSC_2326_20170517043101d93.jpg
原田廣    0-1から2球目をキャッチャー前送りバント
佐藤     1-2から5球目を空振り三振

8回表
JR西日本選手交代

代走原田拓に代えてファースト林誉之(清峰高校~福岡大学)

筒井     0-1から2球目を打ってサードゴロ
永岡     1-0から2球目を打ってライトフライ
林      1-1から3球目を打ってファーストゴロ

8回裏 ※動画はありません
DSC_2393_20170517043248733.jpg DSC_2394_20170517043310607.jpg DSC_2396.jpg
DSC_2397_201705170433091ca.jpg DSC_2399_201705170433123aa.jpg DSC_2400_20170517043311ad0.jpg
春原     1-1から3球目を打ってセンター前ヒット
DSC_2408.jpg DSC_2409_20170517043443994.jpg DSC_2411_20170517043441d36.jpg
伊與田    初球をファースト前送りバント

ツネイシブルーパイレーツ選手交代
ライト藤川に代えて下山貴大(鳥取中央育英高校~MSH医療専門学校)

藤澤     初球を打ってファーストゴロ
田村     2-1から4球目を打ってセカンドライナー

9回表
JR西日本選手交代

セカンド伊與田に代えて石嵜健人(如水館高~近畿大学工学部)

米澤     1-2から4球目を打ってセカンドゴロ
手束     2-2から6球目を見逃し三振
奥田     2-2から5球目を空振り三振

9回裏
DSC_2464_20170517043607f4a.jpg DSC_2465_20170517043616776.jpg DSC_2470_20170517043617f0f.jpg
蔵桝の代打鳥居丈寛(愛知工業大学付属名電高校~東洋大学) 1-1から3球目を打ってレフト前ヒット
DSC_2473_20170517043716eb8.jpg DSC_2474_20170517043714144.jpg DSC_2477_201705170437193d1.jpg
代走に吉澤翔吾(日本大学第三高校~早稲田大学)
松野     1-2から4球目を打ってセンター前ヒット
DSC_2536_20170517043838e55.jpg DSC_2537_20170517043851250.jpg DSC_2539_201705170438480eb.jpg
林      0-1から2球目を送りバント失敗ピッチャーフライ
セカンドランナー吉澤が戻れずダブルプレイ
次打者原田廣の初球にファーストランナー松野セカンド盗塁成功
原田廣    ストレートのフォアボール
DSC_2590_201705170439366e9.jpg DSC_2591_20170517043941689.jpg DSC_2592_20170517043943e38.jpg
佐藤     初球を打ってレフトフライ

10回表
斉藤     2-0から3球目を打ってセカンドゴロ
下山     2-2から6球目を打ってセカンドゴロ
亀井     2-2から5球目を空振り三振

10回裏
ツネイシブルーパイレーツ選手交代

DSC_2612_201705170440505f9.jpg DSC_2613_20170517044105f77.jpg DSC_2614_201705170441128fb.jpg
DSC_2615_20170517044119ecc.jpg DSC_2616_201705170441190f5.jpg DSC_2617_201705170441142bd.jpg
ピッチャー小野に代えて堅田裕太(関西高校~法政大学)

DSC_2649_20170517044218cfb.jpg DSC_2651_2017051704422271a.jpg DSC_2657_20170517044224f8b.jpg
春原     フルカウントから7球目を打ってセカンドゴロ
DSC_2662_20170517044318274.jpg DSC_2666_201705170443253e0.jpg DSC_2667_20170517044323f9d.jpg
石嵜     初球デッドボール
DSC_2686_20170517044442ade.jpg DSC_2687.jpg DSC_2688_201705170444588ba.jpg
DSC_2689_20170517044453894.jpg DSC_2690_201705170444510a8.jpg DSC_2691_201705170444566ec.jpg
藤澤     1-0から2球目を打ってライトオーバーサヨナラツーランホームラン
DSC_2694_201705170446489c7.jpg DSC_2698.jpg DSC_2700_201705170446515ef.jpg
DSC_2702_20170517044658412.jpg DSC_2704_20170517044700e6a.jpg DSC_2708_20170517044704e6a.jpg
JR西日本3-1ツネイシブルーパイレーツ

福山市・ツネイシブルーパイレーツ
000 100 000 0 1
000 100 000 2 3
広島市・JR西日本



両チーム、積み重ねる事7つのダブルプレイ。しかもそれらがほぼ、違うポジションで決まってる。まるっきり「ダブルプレイ展覧会」のようになっていましましたが、それらをミスする事なく取れてると言うのは、日頃から守備練習、もしくはシートバッティング等で色々想定しながらやって来た証拠ではないでしょうか。

余程の力の差がない限り、僅差で決まる事の多い社会人野球の試合。打って点を取るのが野球の基本ではありますが、点をやらない事、ランナーをホームに近付けない事も勝利への道筋。その事を考えると、引き締まったまま延長戦に突入するのはごく当たり前の結果ではなかろうか、と考えます。

一回戦は猛打で勝ち上がってきた両チームゆえに、次は守備力の差が、とも思えますが、この試合に関してはJR西日本、ブルーパイレーツともに、守備力は全くの互角だったんではないでしょうか。

そしてツネイシブルーパイレーツの先発・小野晋一郎投手。サイドハンドの、ややタイミングの取り辛そうなピッチングフォームでの力投。某プロ野球チームのスカウトがビデオカメラで撮影してたりもしましたが、もしかしたら何らかの動きがあるのかな、とも。

そしてJR西日本。悪戦苦闘でしたが、加賀美投手の力投と藤澤内野手の一発で「辛勝」。ただ、こんな試合が今後の糧になる筈。打の軸も投の軸も確立出来ました。そろそろ「充実期」かな。


いずれにしろ、JR西日本、ツネイシブルーパイレーツ、中国地区二次予選が楽しみです。


2017.05.17 / Top↑